メインメニューを開く

ハインリヒ5世:Heinrich V. von Luxemburg, 1216年 - 1281年12月24日)は、ドイツ=フランス系のルクセンブルク伯(在位:1247年 - 1281年)、ラ・ロシュ伯、アルロン伯。1256年から1264年まではナミュール伯を名乗っていた。金髪伯(der Blonde)と呼ばれた。

ハインリヒ5世
ルクセンブルク伯
ナミュール伯
Henri V de Blonden.jpg
クレールフォンテーヌの教会の窓にあるハインリヒ5世像
称号 ルクセンブルク伯:1247年 - 1281年
ナミュール伯:1259年 - 1265年
出生 1216年
死去 1281年12月24日
マインツ
配偶者 マルグリット・ド・バル
子女 ハインリヒ6世
マルガレーテ
イザベラ
フィリッパ
バルドゥイン
ヨハンナ
ワレラン1世
父親 リンブルフ公ヴァルラム3世
母親 ルクセンブルク女伯エルメジンデ
テンプレートを表示

生涯編集

ハインリヒ5世はリンブルフ公ヴァルラム3世とルクセンブルク女伯エルメジンデの間に生まれた。母親よりルクセンブルク伯位を継承し、リンブルク=ルクセンブルク家の始祖となった。

1240年、スカルポン家バル伯アンリ2世の娘マルグリット(1220年 - 1275年)と結婚した。ハインリヒはマルグリットの持参金としてリニーを受けたが、あくまでバル伯の封土としてであった。にもかかわらず、1256年に、ハインリヒはシャンパーニュ伯ティボー5世に臣下の礼を取った。義兄弟のバル伯ティボー2世はこれを、ロレーヌ公フェリー3世とメッツ司教との間の紛争の好機ととらえた。ハインリヒはロレーヌ公と同盟し、ティボー5世はメッツ司教と協調した。1266年9月14日、ハインリヒはプレニーの戦いで捕虜となった。1268年9月8日、フランス王ルイ9世の仲裁により、ハインリヒはバル伯の宗主のもとリニー領主となった。

1253年、フランドル継承戦争におけるウェストカペッレの戦いで勝利をおさめた。

1256年、ラテン皇帝でナミュール侯であったボードゥアン2世がコンスタンティノープルにいる間に、ハインリヒはナミュールを征服した。その後、フランドル伯ギー・ド・ダンピエールにナミュール侯の権利を譲ったが、ハインリヒが再びナミュールを征服すると、ギーとハインリヒは対立した。最終的に、ハインリヒの娘イザベラとギーが結婚することで、争いを終結した。

1262年、ハインリヒはビットブルク都市法を与えた。

1270年、ハインリヒはフランス王ルイ9世に従い第8回十字軍に参加し、チュニスへ向かった。

子女編集

バル伯アンリ2世の娘マルグリットとの間に以下の子女がいる。

参考文献編集

  • Nicolas van Werveke: Heinrich V. (II.). In: Allgemeine Deutsche Biographie (ADB). Band 11, Duncker & Humblot, Leipzig 1880, S. 537 f.
先代:
エルメジンデ
ルクセンブルク伯
1247年 - 1281年
次代:
ハインリヒ6世
先代:
ボードゥアン2世
ナミュール伯
1259年 - 1265年
次代:
ギー・ド・ダンピエール