本来の表記は「苩加」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

[* 1](はくか、백가(ペカ)、? - 502年)は、百済東城王の時の大臣で、大姓八族[1]中の一つである[* 1]出身貴族である。

はくか
各種表記
ハングル 백가
漢字 [* 1]
発音:
日本語読み: はくか
ローマ字 Baek Ga
マッキューン・ライシャワー式 Paek Ka
テンプレートを表示

生涯編集

熊津の土着の豪族で、486年(東城王8年)2月、衛士佐平に任命されて、宿衛兵[* 2]を管掌した[2]501年(東城王23年)8月、東城王に新築した加林城朝鮮語版[* 3]を守れと王命を受けたのだが[3]、赴任するのを望まず、病を口実に赴任しないだろうと言った。

しかし、東城王が承諾せず強制的に加林城に赴任させるや、これをきっかけに東城王に怨みを抱いて、同じ年の11月、狩りをしに出て、雪で道が塞がれ、馬浦村[* 4]に泊まる東城王を刺客に命じて刃で刺すように言い、東城王は結局12月に死亡した。[4]

その後、赴任地である加林城を根拠地にして、反乱を起こしたが、新たに即位した武寧王が軍隊を率い、牛頭城[* 5]に着いて扞率の解明朝鮮語版に討伐することにするや、抵抗なく城を出てきて降伏したのだったが、殺され、彼の死体は白江[* 6]に投げこまれた。[5]

東城王の王権強化策によって新たに浮上した苩氏家門が王権と親密な関係にありながらも、東城王を殺害した原因は、東城王の支配構造に対する再編成計画が中央貴族の利害関係と合わなかった場合に起こることと推定される。

武寧王は東城王の2番目の息子あるいは東城王の異母兄だと言う。501年1月、衛士佐平の苩加が送った刺客に東城王が殺害されるや、彼の後を継いで即位した。502年正月、加林城に根拠を置き、抵抗した苩加を討伐し、同じ年の冬11月、高句麗の水谷城を攻撃した。[6]

関連作品編集

ドラマ編集

厳格な東城王の忠臣・佐平扶余斯麻は苩加に死ぬことを命じ、これを受け入れた苩加は自ら命を絶った。苩加の部下であるクチョンは苩加が謀逆罪で処刑された後、苩加の娘であるチェファと伽耶に逃亡させにきて彼女を補佐する。お腹の中に佐平の子を妊娠したチェファはクチョン(ユン・テヨン役)の助けで危機を免れる。

クチョンは長い時間、チェファに思いを抱くが、卑賤の身分と言葉にできないという障害のために彼女に対する思いを表現できない状況。ユン・テヨンはこのようなクチョンの心境を言葉一句無く、ひっそりと眼差しだけで表現してきて、やるせなさを誘った。苩加の部下として、泰山とも競うに価する怪力を具えた男として初めての人生を生きるようになったクチョンは苩加の娘チェファを恋慕していた。ただ口のきけない人に卑賤の身分なので、戦場で矢受け役をするだけ。謀逆罪で苩加が処刑されて以後、チェファが自殺を図るや、チェファを持ち上げて背負い、伽耶の地に逃げだして。すぐにクチョンに新たな生活が開ける。チェファは武寧王(イ・ジェリョン朝鮮語版)を愛したが、父の苩加を殺した武寧王をずっと愛することはできないようになり、クチョンの妻として生きていきながら、ソルヒ(ソウ)を生むことになる。チェファはクチョンと一緒に暮らしつつ距離を維持しながら、子どもを出産し、クチョンとも子どもを持ち出産することになる。

脚注編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 通典   巻185「辺防」1・東夷(上)・百済. - ウィキソース. 参照。
  2. ^ 三国史記   巻26「百済本紀」4、東城王8年(486)2月. - ウィキソース. 
  3. ^ 『三国史記』   巻26「百済本紀」4、東城王23年(501)8月. - ウィキソース. 
  4. ^ 『三国史記』   巻26「百済本紀」4、東城王23年(501)11月. - ウィキソース. 
  5. ^ 『三国史記』   巻26「百済本紀」4、東城王23年(501)11月. - ウィキソース. 
  6. ^ 三国史節要』巻6、壬午年(502年)条。三国史節要国訳本 - 本紀/壬午年(502年)” (朝鮮語). 東方メディア株式会社. 社団法人世宗大王記念事業会 (1996年10月). 2020年1月2日閲覧。 “春正月 苩加が加林城に立て籠もって叛乱を起こすと、王が軍兵を率い、牛頭城に着いて、扞率の解明に命じて討伐させた。苩加が出てきて降伏すると、王が首を斬って白江に投じた。〔中略〕冬11月 百済から達率優永を遣わして軍士5千名を率い、高句麗の水谷城を不意打ちした。”

注釈編集

  1. ^ a b c 草冠「艹」に「」。
  2. ^ 王の禁軍、近衛兵
  3. ^ 今の忠清南道扶余郡林川面聖興山城朝鮮語版
  4. ^ 忠南舒川郡韓山面の古名が、馬山または馬邑であることで推し量って見る時、今の舒川郡韓山面に推定される
  5. ^ 今の忠清南道青陽
  6. ^ 現在の錦江である。