画像提供依頼:洪城郡にある道庁の建物の外観の画像提供をお願いします。2013年4月

忠清南道(チュンチョンナムド、ちゅうせいなんどう、韓国語表記:충청남도)は、大韓民国中部(朝鮮半島中西部よりやや南)に位置する行政区。現在の道知事は南宮英(権限代行)。1896年、勅令第36号で朝鮮八道における忠清道の西半分を「忠清南道」と定めた。1945年以降は大韓民国の行政区となり、現在に至る。通常は忠南と略される。

忠清南道
略称: 충남;忠南;Chungnam;チュンナム
位置
忠清南道の位置
地図
忠清南道の地図
各種表記
ハングル: 충청남도
漢字: 忠淸南道
日本語読み仮名: ちゅうせいなんどう
片仮名転写: チュンチョンナム=ド
ローマ字転写 (RR): Chungcheongnam-do
統計(2015年
面積: 8,214[1] km2
総人口: 2,107,802[2]
男子人口: 1,078,310 人
女子人口: 1,029,492 人
人口密度: 224.5 人/km2
世帯数: 816,247 世帯
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
下位行政区画: 8市7郡
ISO 3166-2: KR-44
行政区域分類コード: 34
忠清南道の木: コウライシダレヤナギ
忠清南道の花: キク
忠清南道の鳥: オシドリ
自治体公式サイト: 忠清南道
テンプレートを表示

かつて忠清南道の一部であった大田市は1989年に「大田直轄市」(1995年より大田広域市)として分離した。その後も道庁は大田広域市に置かれていたが、2012年12月28日洪城郡(本館)と礼山郡(議会)にまたがる地域に移転した。

2004年、韓国の行政首都の燕岐・公州地区への移転が決定されたものの、憲法裁判所で遷都を違憲とする判決が下され、行政機能の一部移転にとどまる形となった。この地区は2012年7月1日忠清北道清原郡の一部とともに「世宗特別自治市」として忠清南道から分離した。

目次

概要編集

西を黄海に面し、北を京畿道、南を全羅北道、東を忠清北道に接する。

道の3分の1の面積は農用地である。農業以外では漁業も重要な産業である。220km2にも及ぶ塩田があり、また道南部では石炭モナザイトジルコンが採掘される。

845mの鶏龍山が最も高い山となる。独特な岩で構成されるため、国立公園に指定されている。また多くの歴史を有する寺院がある。1978年には、泰安海岸国立公園が開かれ、韓国の有数の海水浴場となっている。


1月の平均気温瑞山(-1.9℃) 天安(-3.0℃) 保寧(-1.2℃) 錦山(-2.9℃)

8月の平均気温瑞山(25.0℃) 天安(25.0℃) 保寧(25.2℃) 錦山(24.7℃)

行政編集

  • 忠清南道知事権限代行南宮英남궁영、2018年3月~現在)
    • 第37代(民選6期):安熙正(안희정、2014年7月1日~2018年3月6日)
    • 第36代(民選5期):安熙正(안희정、2010年7月1日~2014年6月30日)
    • 第35代(民選4期):李完九이완구、2006年7月1日~2010年6月30日)
    • 第34代(民選3期):沈大平심대평、2002年7月1日~2006年6月30日)
    • 第33代(民選2期):沈大平(심대평、1998年7月1日~2002年6月30日)
    • 第32代(民選1期):沈大平(심대평、1995年7月1日~1998年6月30日)
出典:忠清南道ホームページ「역대도지사(歴代道知事)」より。
党派別議席数
合計 党派別内訳
セヌリ党 共に
民主党
無所属
合計 40 27 11 2
選挙区分 地域区 36 25 9 2
比例代表 4 2 2 -
出典:의원광장 현역의원(議員広場 現役議員)忠清南道議会ホームページ)2016年8月12日閲覧

忠清南道の自治体編集

忠清南道には以下の8市8郡が設置されている。

市部編集

  1. 天安市
  2. 公州市
  3. 保寧市
  4. 牙山市
  5. 瑞山市
  6. 論山市
  7. 鶏龍市
  8. 唐津市

郡部編集

  1. 錦山郡
  2. 扶余郡
  3. 舒川郡
  4. 青陽郡
  5. 洪城郡(道庁所在地)
  6. 礼山郡
  7. 泰安郡

歴史編集

著名な出身者編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集