ハチ亜目(Apocrita)は昆虫綱ハチ目に属す亜目。ミツバチスズメバチなど多くのハチ及びアリが属す。腰部が細くくびれることから細腰亜目ともいう。

ハチ亜目
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ハチ目(膜翅目)Hymenoptera
亜目 : ハチ亜目(細腰亜目)Apocrita

系統分類編集

ハチ亜目には多数の科が属す。分子系統の結果、寄生バチ多系統と考えられる。寄生性の獲得は進化史上1回であったが、複数の系統で二次的に喪失した。以下の系統樹は主要な科に絞ったものである。ハバチ亜目側系統で、キバチ類の中からハチ亜目の系統が出現した。系統はまだ完全には解明されていない部分もある[1][2][3][4]

ハチ目 Hymenoptera

ハバチSawflies  

寄生

ヤドリギバチ上科 Orussoidea (寄生性キバチ)  

ハチ亜目 Apocrita

ツノヤセバチ上科 Stephanoidea  

ヒメバチ上科 Ichneumonoidea  

タマバチ上科 Cynipoidea  

クロバチ上科 Proctotrupoidea + ハエヤドリクロバチ上科Diaprioidea  

タマゴクロバチ上科 Platygastroidea  

コバチ上科 Chalcidoidea  

他の上科

有剣類 Aculeata

セイボウ科 Chrysididae  

スズメバチ科 Vespidae  

アリバチ科 Mutillidae  

クモバチ科 Pompilidae  

他の科

ツチバチ科 Scoliidae  

アリ科 Formicidae  

ミツバチ上科 Apoidea

アナバチ科 Sphecidae  

ドロバチモドキ亜科 Bembicinae  

他の科

アリマキバチ亜科 Pemphredoninae  

フシダカバチ亜科 Philanthinae  

ハナバチAnthophila  

針刺性
細い腰
一度だけ進化

出典編集

  1. ^ Branstetter, Michael G.; Danforth, Bryan N.; Pitts, James P.; Faircloth, Brant C.; Ward, Philip S.; Buffington, Matthew L.; Gates, Michael W.; Kula, Robert R. et al. (2017). “Phylogenomic Insights into the Evolution of Stinging Wasps and the Origins of Ants and Bees”. Current Biology 27 (7): 1019–1025. doi:10.1016/j.cub.2017.03.027. PMID 28376325. 
  2. ^ Schulmeister, S. (2003). “Simultaneous analysis of basal Hymenoptera (Insecta), introducing robust-choice sensitivity analysis”. Biological Journal of the Linnean Society 79 (2): 245–275. doi:10.1046/j.1095-8312.2003.00233.x. 
  3. ^ Symphyta”. 2016年11月28日閲覧。
  4. ^ Peters, Ralph S.; Krogmann, Lars; Mayer, Christoph; Donath, Alexander; Gunkel, Simon; Meusemann, Karen; Kozlov, Alexey; Podsiadlowski, Lars et al. (2017). “Evolutionary History of the Hymenoptera”. Current Biology 27 (7): 1013–1018. doi:10.1016/j.cub.2017.01.027. PMID 28343967.