ハックアンドスラッシュ

ビデオゲームのジャンル

ハックアンドスラッシュ: Hack and Slash)とは、終始にわたり戦闘行為が目的となるゲーム様式であり、繰り返し多くの敵を殲滅する行為を楽しみとするプレイスタイルやゲームを指す言葉。元来はテーブルトークRPG: Tabletop role-playing game)の用語として使われてきた。

歴史編集

始まりは『ダンジョンズ&ドラゴンズ』などのテーブルトークRPGにおいて、執拗にモンスターを倒して経験点や財宝(経験点)を取得しプレイヤーキャラクターの強化を計らう、戦う以外の選択肢や解決方法は持ち合わせていないかのようなプレイスタイルを指し、アメリカから輸入された言葉である。

hack(叩き切る)とslash(切り込む)という言葉の複合が示すように、ストーリーや世界観の表現よりも戦闘に勝つ、敵を倒すということを意識しているスタイルに対して使われる言葉であり、物語性や世界観を重視してキャラクターを演技するということに重きをおくプレイヤーから、揶揄として使われる場合もある。

コンシューマゲームが普及し、テーブルトークRPGに影響を受けたコンピュータRPGが登場すると、ハックアンドスラッシュという言葉がコンピュータRPGに対しても使われるようになる。コンピュータRPG初期の作品である『ウィザードリィ』や『ダンジョンマスター』は次々に襲いかかる敵を倒し、ダンジョンを探索するというシステムになっており、これらの作品の評価の高さもあって、コンピュータRPGにおけるハックアンドスラッシュとは繰り返し敵と戦うことに重点をおいたシステムの作品であるというように、作品の特徴を表現する言葉としても使われるようになった。

主に英語圏でテーブルトークRPG、コンピュータRPG、アクションゲームに使用される言葉だが、日本でもゲーマーが好んで使用することがある。日本ではハクスラと略して呼ぶことも多い。

主な作品編集

ハックアンドスラッシュなスタイルを持つ代表的なゲームとしては、テーブルトークRPGでは『アドバンスト・ダンジョンズ&ドラゴンズ』など。コンピュータゲームでは、RPGに『ウィザードリィ』『ダンジョンマスター』、アクションRPGに『Diabloシリーズ』『Sacredシリーズ』『Titan Quest』『Torchlight』、アクションゲームに『God of War』『Darksiders』『Devil May Cry』『Bayonetta』『真・三國無双』『BLADES of TIME[1]』などがある。

ベルリン解釈(Berlin Interpretation[2])で定義されたローグライクRoguelike)の高価値な要素(high value factor)の1つに、「ハックアンドスラッシュ:多くのモンスターを討伐する事はローグライクにとって非常に重要な要素」とあり、典型的なローグライク作品はハックアンドスラッシュのスタイルを持ち合わせている。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集