ハニー・フィッツ (Honey Fitz) は、ジョン・F・ケネディアメリカ合衆国大統領だった時期に、大統領専用ヨット遊行船)に付けられていた船名[1]。この船は、1931年に建造されて以来、様々な用途に用いられ、様々な名称で呼ばれた経緯があるが[1]、現在もハニー・フィッツの名称で現存し、運航されている[2]

「ハニー・フィッツ」という船名は、ジョン・F・ケネディの母方の祖父ジョン・F・フィッツジェラルドの愛称に由来する[1][3]

歴史編集

この船は、モンゴメリー・ワード英語版などの経営に当たったことで知られる実業家シーウェル・アベリー英語版の注文により[1]ミシガン州ベイシティデフォー造船英語版が製造し、1931年にアベリーの娘の名をとって「レノア (Lenore)」と命名された[3]。アベリーはミシガン湖に近いヒューロン湖北東部のレ・シェノー諸島英語版に邸宅を構えており、その一帯でこの船を運航した[1]

第二次世界大戦中の1942年8月15日、この船はアメリカ沿岸警備隊に売却され、「CG-92004」と改名の上で、1943年1月9日カーチス・ベイ英語版合衆国沿岸警備隊造船所英語版における改装が完成した[1]。戦時中は、おもにニューヨーク州の沖合における監視任務や、潜水艦乗組員の訓練に使用された[1][3]

欧州戦線における終戦後、1945年6月23日に、この船は沿岸警備隊からアメリカ海軍に供与されてワシントンD.C.の海軍施設に配置されて、大統領専用ヨットの補給船「ポトマック (USS Potomac)」となり、11月28日付で完全に海軍に移管譲渡された[1][3]

時の大統領ハリー・S・トルーマン(在任:1945年 – 1953年)は、本来の船名を重んじてこの船を「レノアII (Lenore II)」と改名し、当時の主たる大統領専用ヨットだったウィリアムズバーグ英語版を補助する補給船、代替船として使用した[1][3]。ところが次の大統領ドワイト・D・アイゼンハワーは、ウィリアムズバーグが贅沢に過ぎると考えてこれを退役させ、代わりにこの船を主たる大統領専用ヨットとして、船名も孫娘のひとりの名から「バーバラ・アン (Barbara Anne)」と改め、改装を施した上で、夏の休暇の移動や週末の娯楽などに愛用した[1][3]

次に大統領となったジョン・F・ケネディは、この船を母方の祖父ジョン・F・フィッツジェラルドの愛称にちなんで「ハニー・フィッツ」と改名した[1][3]。もともと海軍の軍人だったケネディは、船旅を好み、家族や知人らとともにこの船でロードアイランド州フロリダ州をはじめ、各地に出かけた[1][3]。また、この船には要人が招かれることもあり、イギリスの首相ハロルド・マクミランが乗船したこともあった[1]1961年日本の首相だった池田勇人が訪米した際には、ポトマック川に浮かべたハニー・フィッツに池田が招かれ、いわゆる「ヨット会談」が行なわれた[4]。ケネディの暗殺を受け、副大統領から昇格して大統領となったリンドン・B・ジョンソンは、船名を変えなかったが、ほとんど宴会場としてしかこの船を使わなかった[1][3]

続いて大統領となったケネディの政敵リチャード・ニクソンは、就任後この船を、妻パット・ニクソンにちなんで「パトリシア (Patricia)」と改名したが、この名はあまり浸透せず、結局ニクソンは1970年4月にこの船を払い下げ処分することにした[1][3]。しかし、払い下げの条件が厳しすぎて応札がなく、条件を緩和して同年末にようやく払い下げられた[1][3]

この船を購入したジョセフ・キーティング (Joseph Keating) は、ケネディの支持者であり、1970年にこの船を「プレジデント (President)」という船名で登録した後、トイレの壁紙に至るまで、この船の姿をケネディ時代のものに復元した[1]。その後、この船は、再び「ハニー・フィッツ」として、チャーター運航などに供されている[2]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Kennedy Boat "Honey Fitz"”. John F. Kennedy Presidential Library and Museum. 2015年12月2日閲覧。
  2. ^ a b Keeping The Legendary Wooden Yacht Honey Fitz Alive”. The Honey Fitz Charters and Cruises. 2015年12月2日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k The Honey Fitz History”. The Honey Fitz Charters and Cruises. 2015年12月2日閲覧。
  4. ^ 懐かしの毎日ニュース:【1961年6月21日】池田首相、ケネディ大統領とヨット上で会談”. 毎日新聞社 (2013年6月20日). 2015年12月2日閲覧。風間二郎. “時の焦点<国内>「JFK」の大きな功績”. 朝雲新聞社. 2015年12月2日閲覧。 “一連の行事の白眉は、大統領専用ヨット「ハニー・フィッツ号」上で行われた首脳会談、いわゆる「ヨット会談」である。”ハニー・フィッツ号に乗船したジョン・F・ケネディ大統領と日本の池田勇人首相、1961年6月21日”. John F. Kennedy Presidential Library and Museum. 2015年12月2日閲覧。