ハリケーン・マイケル

2018年に発生したハリケーン

ハリケーン・マイケル英語: Hurricane Michael)は、2018年10月にアメリカ合衆国南東部を襲った大型ハリケーン[2]

Hurricane Michael
カテゴリ5メジャー・ハリケーン (SSHWS/NWS)
Michael 2018-10-10 1840Z.jpg
最盛期のハリケーン・マイケル(10月10日撮影)
発生2018年10月7日
消滅2018年10月16日
(10月12日に温帯低気圧化)
最大風速1分平均: 160 mph (260 km/h)
最低気圧919 mbar (hPa); 27.14 inHg
死者72名[1]
被害$251億(2018の米ドル
被害地域中央アメリカユカタン半島ケイマン諸島キューバアメリカ合衆国南東部(特にフロリダ州)、アメリカ合衆国東部カナダ大西洋州イベリア半島
2018年大西洋のハリケーン英語版
熱帯低気圧の進路とサファ・シンプソン・ハリケーン・スケールによる勢力を描いた地図

概要編集

2018年10月10日から10月12日にアメリカ南部に上陸。

被害編集

死者が30人確認されている[1]。また、46人が行方不明になっており、被害が拡大する恐れがある[3]

23万世帯が停電した[4]

アメリカ空軍ティンダル空軍基地所属のステルス戦闘機F-22が少なくとも17機大破した[5]

国際名Michaelは、この年限りで引退となった。代わりにMiltonという国際名に変更となった[6]

脚注編集