ハルメレン鉄道事故

ハルメレン鉄道事故オランダ語: De treinramp bij Harmelen)とは1962年1月8日(月曜日)の9時19分(現地時間)にユトレヒト-ロッテルダム線英語版ユトレヒト州ハルメレン英語版村付近を通る区間で発生した事故である。2本の列車が衝突し93人が死亡、52人が負傷し、オランダの鉄道英語版史上最悪の鉄道事故[1]となった。

ハルメレン鉄道事故
慰霊碑
慰霊碑
発生日 1962年1月8日
発生時刻 9:19(現地時間)
オランダの旗 オランダ
場所 ハルメレン英語版
路線 ユトレヒト-ロッテルダム線
事故種類 列車衝突事故
原因 濃霧による運転ミス、遅延
統計
列車数 2本
死者 93人
負傷者 52人
テンプレートを表示

背景編集

事故当日、ブリューケレン英語版ウールデン英語版線とユトレヒトハウダ英語版線が合流するジャンクションがある干拓地に濃霧が立ち込めていた。

この事故はハルメレン鉄道事故 (Treinramp bij Harmelen) として知られているが、事故現場は当時、隣接自治体のカメリク英語版に属していたプットコープ (De Putkop) という小さな町であった。De doden werden daarom in het overlijdensregister van de gemeente Kamerik bijgeschreven.[訳語疑問点]1964年にプットコープはハルメレンに編入された。

事故当時すでにATB-EG (初代ATB)英語版[2]という自動列車保安装置の導入が進行中であったが、ハルメレンの軌道や事故を起こした両列車には装備されていなかった。

事故列車編集

事故を起こした列車は以下の2本であった。

第464普通列車編集

第464普通列車はロッテルダム-ハウダ - ウールデン - ブリューケレン - アムステルダムを走る列車であった。この列車はElD4 700とElD2 297で編成されており、計6両で車両はすべてMat '46型 (Mat '46) であった。

  • BDk 700 + Br 700 + A 700 + Bk 700 + ABDk 297 + Bk 297[3] 列車は運転士のFictoorが運転しておりウールデンを9時15分頃に発車した。

第164快速列車編集

第164快速列車はレーワルデン英語版ズウォレ英語版アメルスフォールト英語版ユトレヒト CS – ロッテルダム CSを走る列車であった。この列車は牽引機関車と客車で編成されており、ロッテルダムの方向に先頭機関車が連結されていた。

  • 1131号機英語版 + B 5710 + A 6544 + RD 6969 + B 6614 + B 6691 + B 6604 + B 5238 + B 6695 + AB 7361 + B 5830 + B 5237 客車の大半は1955年に登場したプランE (Plan E) であり、当時は新型であった。AB 7361という客車はプランK (Plan K) であり、B 5710、B 5830、B 5237という客車は (Mat '24) を改造したものであった。

普通列車には180人が乗車していたと推定され、快速列車には約900人が乗車していた。

事故の経過編集

9時14分:

  • 快速列車は6分遅れているためハルメレンのジャンクション (Harmelen Aansluiting) を通過できなかった。
  • 列車指令員英語版は快速列車について知らされていなかったため、普通列車のために線路をウールデンからブリューケレンへ抜けるように設定した。

9時18分:

  • De stoptrein rijdt het laatste sein voor Harmelen Aansluiting voorbij om daar gelijkvloers de aftakking naar Breukelen te berijden.
  • 快速列車はハルメレンのジャンクション付近に接近し、自動的に列車指令員へ知らされた。
  • 快速列車は次の信号機(分岐点の入口手前に設置)が停止現示であることを示す黄色信号を125km/hで通過した。運転士は信号機が黄色信号であることに気づかなかった。

9時19分:

  • 快速列車の運転士は赤信号に気づきブレーキをかけたが、107km/hで普通列車の正面付近と衝突した。

被害状況編集

第164快速列車編集

機関車は衝突により右に投げ出され、普通列車と快速列車の1両目は一緒に滑走した。続く快速列車の4両の客車は脱線し普通列車を擦った。快速列車の他の6両の客車は軌道上に残った。

第464普通列車編集

4連編成の車両の1両目は快速列車の客車が突っ込んだため完全に破壊された。Het tweede rijtuig wordt aan de zijkant opengereten, het derde rijtuig wordt gemangeld tussen het eerste rijtuig en de rijtuigen van de schampende sneltrein. 4連編成の車両の4両目と2連編成の全車両は急停車により損傷したが軌道上に残った。

犠牲者数編集

この衝突で運転士2人を含む91人が死亡し54人が重症を負った。重傷者のうち2人は後に病院で死亡した。

事故後編集

調査編集

大規模な調査が開始された。 Ook de nieuwe NX-installatie van de treindienstleiderspost in Woerden werd onderzocht op technische storingen. Men heeft ter plaatse vastgesteld dat het "gemiste" gele sein daadwerkelijk geel licht uitstraalde en het laatste sein voor Harmelen vanaf Utrecht rood licht. 快速列車の機関車のsnelheidsmeterband[訳語疑問点]は運転士が黄色信号を通過後にブレーキをかけていないことを示していた。Wel is hij begonnen met remmen bij waarneming van het rode sein, maar omdat hij toen 125 km/h reed was de afstand tot het wissel waarover de stoptrein reed, onvoldoende.

Proces編集

De Rechtbank, die onder grote publiciteit deze zaak behandelde, werd uitgebreid met deskundigen op het gebied van de spoorwegtechniek.

対策編集

現在事故現場の近くにある fly-over

この事故を受けてオランダではATBの導入が加速し、25年後鉄道網の大半にはATBが導入されている。 Een tweede veiligheidsverhogende maatregel die men sindsdien toepast is dat seinen die op remwegafstand voor splitsingen, bruggen en andere gevaarpunten buiten stations staan, worden voorafgegaan door reflecterende gele bakens.

In de jaren 90 is bij Harmelen een fly-over gebouwd, waardoor het gelijkvloers kruisen tot het verleden behoort.

記念碑編集

事故からちょうど50年後の2012年1月8日、ピーター・ファン・英語版によって慰霊碑が姿を現した。 Ries van Leeuwen was de coördinator voor het plaatsen van het monument. De organisatie van de onthulling was in handen van het Dorpsplatform Harmelen.

Het monument is een ontwerp van de Kamerikse kunstenaar Taeke de Jong en de steenhouwer was Maurice van Dam uit Woerden. Het ontwerp bestaat uit twee hardstenen platen die scheef ten opzichte van elkaar staan en waarop de 93 namen van de omgekomenen staan. Tussen de platen door is de plek des onheils te zien. Een rode hardstenen sokkel, met daarop een corpus dat de slachtoffers verbeeldt, staat iets voor de platen in het midden.

Op het pas onthulde monument bleken onder meer diverse namen van slachtoffers verkeerd te zijn geschreven, ontstaan doordat de lijst uit een handgeschreven verslag is overgenomen dat destijds na de ramp is opgemaakt. Het monument is daarop aangepast door de kunstenaar met een nieuwe namenlijst.

参考文献編集

  • Duin, Menno Joost van Van rampen leren : een vergelijkend onderzoek naar de lessen uit spoorwegongevallen, hotelbranden en industriële ongelukken (1992). Den Haag: Haagse Drukkerij en Uitgeversmij. ISBN 9071504158
  • Jongerius, R.T. Spoorwegongevallen in Nederland 1839-1993 (1993). Haarlem: Schuyt & Co. Deel 22 in de boekenreeks van de NVBS. ISBN 9060973410
  • Fictoor, Johannes Ter nagedachtenis Treinramp Harmelen, 8 januari 1962 (2008). (Johannes Fictoor is de zoon van de omgekomen machinist Piet Fictoor) Purmerend: Fictoor. ISBN 9789088345197
  • Janson, Ed De treinramp bij Harmelen (2011). Uitgave: Stichting Stichts-Hollandse Bijdragen SHB-37. ISBN 9789491229046

脚注編集

  1. ^ オランダの重大鉄道事故の一覧についてはnl:chronologisch overzicht van ernstige spoorwegongevallen in Nederlandを参照。
  2. ^ ATB-EGの詳細についてはnl:ATB-EGを参照。
  3. ^ A: 一等車、B: 二等車、k: 先頭車両(運転席付き)、r: ビュッフェ、D: 荷物車

外部リンク編集

座標: 北緯52度06分17秒 東経4度57分23秒 / 北緯52.10472度 東経4.95639度 / 52.10472; 4.95639