ハンドボール日本女子代表

ハンドボール全日本女子から転送されました)

ハンドボール日本女子代表は、日本ハンドボール協会によって編成されるハンドボールの女子ナショナルチーム。愛称は2013年に公募により決定した「おりひめジャパン」[1]

ハンドボール日本女子代表
国または地域 日本の旗 日本
協会 日本ハンドボール協会
IOCコード JPN
愛称 おりひめジャパン
監督 デンマークの旗 ウルリック・キルケリー
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
オリンピック
出場回数 2回 (初出場は1976年)
最高成績 5位 (1976年)
世界選手権
出場回数 18回 (初出場は1962年)
最高成績 7位 (1965年)
アジア選手権
出場回数 17回 (初出場は1987年)
最高成績 優勝 (2004年)
アジア競技大会
出場回数 8回 (初出場は1990年)
最高成績 準優勝 (1994年・2010年・2014年)
獲得メダル
アジア選手権
1987 アンマン
1989 北京
1991 広島
1995 ソウル
1997 アンマン
1999 熊本
2000 上海
2004 広島
2006 広州
2008 バンコク
2012 ジョグジャカルタ
2015 ジャカルタ
2017 水原市
2018 熊本
アジア競技大会
1994 広島
2006 ドーハ
2014 仁川広域市
2018 ジャカルタ/パレンバン

歴史編集

1976年に行われたモントリオールオリンピックでオリンピック初出場。

2004年アジア選手権で初優勝を果たした。

2016年6月24日デンマーク出身のウルリック・キルケリーが監督に就任[2]

成績編集

オリンピックは1976年のモントリオールで初出場した。結果は5位で蔵田照美が得点王を獲得している。しかし以降45年間出場から遠ざかり、開催地枠での出場となる2021年の東京が2回目。その一方で、世界選手権出場は男子より多い18回を数えており、最高順位は1965年の7位。

オリンピック編集

開催年 結果 試合 得点 失点
  1976年 5位 5 1 0 4 96 111
  1980年 不参加
  1984年 予選敗退
  1988年
  1992年
  1996年
  2000年 アジア予選敗退
  2004年
  2008年 世界最終予選敗退
  2012年
  2016年
  2021年 予選敗退

世界選手権編集

赤字は最下位。

開催年 結果 予選リーグ
  1957年 不参加
  1962年 9位 1次ラウンド敗退
  1965年 7位
  1971年 9位
  1973年 10位
  1975年 10位
  1978年 不参加
  1982年
  1986年 14位 1次ラウンド敗退
  1990年 不参加
  1993年
   1995年 13位 決勝トーナメント1回戦敗退
  1997年 17位 予選リーグ敗退
   1999年 17位
  2001年 20位
  2003年 16位
  2005年 18位
  2007年 19位
  2009年 16位
  2011年 14位 決勝トーナメント1回戦敗退
  2013年 14位
  2015年 19位 予選リーグ敗退
  2017年 16位 決勝トーナメント1回戦敗退
  2019年 10位 メインラウンド敗退

アジア選手権編集

開催年 結果 予選リーグ
結果 試合 得点 失点
  1987年 3位 2位通過 2 1 0 1 51 52
  1989年 3位 予選リーグなし
  1991年 準優勝
  1993年 4位 2位通過 3 2 0 1 86 56
  1995年 3位 予選リーグなし
  1997年
  1999年
  2000年 準優勝 2位通過 3 2 0 1 71 63
  2002年 4位 3 2 0 1 99 63
  2004年 優勝 予選リーグなし
  2006年 3位
  2008年 2位通過 4 3 0 1 147 96
  2010年 4位 3 2 1 0 117 61
  2012年 3位 1位通過 5 5 0 0 212 77
  2015年 準優勝 2位通過 3 2 0 1 116 51
  2017年 1位通過 3 3 0 0 104 37
  2018年 4 4 0 0 140 55

アジア競技大会編集

開催年 結果 試合 得点 失点 予選リーグ
結果 試合 得点 失点
  1990年 5位 5 1 1 3 125 112 予選リーグなし
  1994年 準優勝 3 2 0 1 73 84
  1998年 3位 5 2 1 2 137 103
  2002年 4位 4 0 2 2 90 109
  2006年 3位 トーナメント方式 2位通過 3 2 0 1 92 61
  2010年 準優勝 3 2 0 1 82 68
  2014年 1位通過 4 4 0 0 190 46
  2018年 3位 4 4 0 0 208 38

現在の代表選手編集

  • 2021年7月~8月に行われる2020年東京オリンピックの日本代表メンバー[3]
役職 氏名 所属
監督 ウルリック・キルケリー 日本ハンドボール協会
コーチ 櫛田亮介 日本ハンドボール協会 / 三重バイオレットアイリス
GKコーチ アントニ・パレツキ 日本ハンドボール協会
トレーナー 高野内俊也 日本ハンドボール協会 / 日本予防医学協会
ドクター 井本光次郎 日本ハンドボール協会 / 熊本赤十字病院
分析 嘉数陽介 日本ハンドボール協会
総務通訳 藤田愛 日本ハンドボール協会
# Pos. 選手名 年齢 所属
3 PV 角南果帆 28歳   ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
4 RB/RW 角南唯 30歳   北國銀行
5 LB 塩田沙代 32歳   北國銀行
9 CB 横嶋彩 31歳   北國銀行 ※Ap(交代選手)としての選出
12 GK 板野陽 28歳   イズミメイプルレッズ
18 LW 田邉夕貴 31歳   北國銀行
21 RW 池原綾香 30歳   Odense Håndbold
24 LB 原希美 30歳   三重バイオレットアイリス
25 CB/LW/LB 大山真奈 28歳   北國銀行
27 LB 佐々木春乃 26歳   北國銀行
28 PV 永田しおり 33歳   オムロン
30 GK 亀谷さくら 34歳   ESBF Besançon
34 LW/LB/CB 近藤万春 25歳   イズミメイプルレッズ
40 RB 藤井紫緒 36歳   大阪ラヴィッツ
81 CB 石立真悠子 34歳   三重バイオレットアイリス

主要大会の代表選手編集

オリンピック編集

モントリオール五輪 (1976年)編集

  • 監督は井薫、コーチは鈴木義男。
Pos. 選手名 年齢 所属
GK 和田祥子 24歳   山鹿立石電機
GK 久保徳子 23歳   ジャスコ
CP 島田夏枝 26歳   山鹿立石電機
CP 古佐原ひろ子 25歳   東京重機工業
CP 蔵田照美 25歳   山鹿立石電機
CP 山下恵美子 23歳   山鹿立石電機
Pos. 選手名 年齢 所属
CP 松下仁美 21歳   ジャスコ
CP 小森久里子 21歳   ブラザー工業
CP 加藤美起子 21歳   日本ビクター
CP 穂積美保子 20歳   日本ビクター
CP 河田栄子 20歳   ジャスコ
CP 紀野奈々美 20歳   山鹿立石電機

東京五輪 (2021年)編集

役職 氏名 所属
監督 ウルリック・キルケリー 日本ハンドボール協会
コーチ 櫛田亮介 日本ハンドボール協会 / 三重バイオレットアイリス
GKコーチ アントニ・パレツキ 日本ハンドボール協会
トレーナー 高野内俊也 日本ハンドボール協会 / 日本予防医学協会
ドクター 井本光次郎 日本ハンドボール協会 / 熊本赤十字病院
分析 嘉数陽介 日本ハンドボール協会
総務通訳 藤田愛 日本ハンドボール協会
# Pos. 選手名 年齢 所属
3 PV 角南果帆 28歳   ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
4 RB/RW 角南唯 30歳   北國銀行
5 LB 塩田沙代 32歳   北國銀行
9 CB 横嶋彩 31歳   北國銀行 ※Ap(交代選手)としての選出
12 GK 板野陽 28歳   イズミメイプルレッズ
18 LW 田邉夕貴 31歳   北國銀行
21 RW 池原綾香 30歳   Odense Håndbold
24 LB 原希美 30歳   三重バイオレットアイリス
25 CB/LW/LB 大山真奈 28歳   北國銀行
27 LB 佐々木春乃 26歳   北國銀行
28 PV 永田しおり 33歳   オムロン
30 GK 亀谷さくら 34歳   ESBF Besançon
34 LW/LB/CB 近藤真春 25歳   イズミメイプルレッズ
40 RB 藤井紫緒 36歳   大阪ラヴィッツ
81 CB 石立真悠子 34歳   三重バイオレットアイリス

その他大会編集

歴代監督編集

氏名 期間
  伊藤宏幸 1998年 - 2001年
  西窪勝広 2002年 - 2004年
  ベルト・バウワー 2005年 - 2008年
  黄慶泳 2008年 - 2012年
  栗山雅倫 2012年 - 2015年
  ウルリック・キルケリー 2016年 -

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集