ハーラン・ストーン

ハーラン・フィスク・ストーン: Harlan Fiske Stone1872年10月11日 - 1946年4月22日)は、アメリカ合衆国の法律家。1925年から1941年までアメリカ合衆国最高裁判所の副裁判官、その後1941年から死去するまでアメリカ合衆国最高裁判所長官を務めた。また、1924年から1925年にかけて、アマースト大学の同窓生のカルビン・クーリッジ大統領の下で米国司法長官を務めた。

ハーラン・フィスク・ストーン(Harlan F. Stone)
出生名 ハーラン・フィスク・ストーン
生年月日 (1872-10-11) 1872年10月11日
出生地 ニューハンプシャーチェスターフィールド アメリカ合衆国
没年月日 1946年4月22日(1946-04-22)(73歳)
死没地 Washington, D.C., U.S.
配偶者
アグネス・ハーヴェ (m. 1899)
子女 マーシャル
ラウソン
出身校 アマースト大学 (学士(教養), MA)
コロンビア大学 (学士(法学))
署名 Harlan Fiske Stone signature.svg

任期 1941年7月3日 - 1946年4月22日
任命者 フランクリン・ルーズベルト
前任者 チャールズ・エヴァンズ・ヒューズ
後任者 フレデリック・ヴィンソン

任期 April 7, 1924 - March 1, 1925
任命者 カルビン・クーリッジ
前任者 Harry M. Daugherty
後任者 John G. Sargent

任期 March 2, 1925 - July 3, 1941
任命者 カルビン・クーリッジ
前任者 Joseph McKenna
後任者 ロバート・ジャクソン
テンプレートを表示

彼の最も有名なことばは、「裁判所は統治能力を持っていると想定されなければならない唯一の政府機関ではない」である[1]

生涯編集

ニューハンプシャーチェスターフィールド生まれのストーンは、コロンビア・ロー・スクール卒業後、ニューヨークで法律の仕事をした。その後、コロンビア・ロー・スクールの学部長およびサリバン&クロムウェル(Sullivan & Cromwell)のパートナーとなった。第一次世界大戦中、彼は良心的兵役拒否者の誠実さを評価する戦争局の調査委員会に参加した。 1924年には、カルビン・クーリッジ大統領により検事総長に任命された。ストーンは、ウォレン・ハーディング大統領の政権下で発生したいくつかのスキャンダルの余波を受けて司法省の改革を図った。また、ストーンは大企業に対して何件か独占禁止法の訴訟を起こした。

1925年、クーリッジは、ジョセフ・マッケナ陪席判事の後任としてアメリカ合衆国連邦最高裁判所陪席判事にストーンを指名し、ほとんど反対されることなく上院の承認を得た。タフト法廷において、ストーンは司法による拘束と立法意思への服従を呼びかけるためにホームズ陪席判事とブランダイス陪席判事に加わった。ヒューズ法廷においては、ストーン、ブランダイス、そしてカードーゾ陪席判事は、大抵は投票によってニューディールの合憲性を支持する三銃士と呼ばれる自由主義ブロックを結成した。米国対ダービーランバー社および米国対キャロレンプロダクツ社における彼の多数派意見は、司法監視の基準を形成する上で影響力があった。

1941年、フランクリン・ルーズベルト大統領は、チャールズ・エヴァンズ・ヒューズ最高裁判所長官の後任としてストーンを指名し、上院は即座にそれを承認した。

脚注編集

  1. ^ Frank, John P.; Mason, Alpheus Thomas (1957). “Harlan Fiske Stone: An Estimate”. Stanford Law Review 9 (3): 621–632. doi:10.2307/1226615. JSTOR 1226615.  Frank cites "United States v. Butler, 297 U.S. 1, 87 (1936) (dissenting opinion)".

外部リンク編集