メインメニューを開く

バイエルン・インゴルシュタット公国

バイエルン=インゴルシュタット公国ドイツ語: Bayern-Ingolstadt あるいは Oberbayern-Ingolstadt)は、1392年から1447年まで神聖ローマ帝国に存在した領邦国家。

上バイエルン=インゴルシュタット公国
Teilherzogtum Bayern-Ingolstadt
封臣
Bavaria-Landshut
1392年–1447年 Bavaria-Landshut
バイエルン=インゴルシュタット (1392年–1447年)
首都 インゴルシュタット
政府 君主制
バイエルン=インゴルシュタット公
 •  1392年–1413年 シュテファン3世
 •  1413年–1447年 ルートヴィヒ7世
 •  1443年–1445年 ルートヴィヒ8世
歴史・時代 中世
 •  バイエルン=ランツフート公国分割 1392年
 •  ルートヴィヒ7世が、いとこのバイエルン・ランツフート公ハインリヒ16世に捕らわれる。 1443年
 •  バイエルン=ランツフート公国に併合される。 1447年1447年

歴史編集

1375年シュテファン2世の死後、シュテファン3世フリードリヒヨハン2世の3人の息子がバイエルン=ランツフート公国を共同統治した。17年後、兄弟は公に遺領の分割を決定した。ヨハン2世がバイエルン=ミュンヘン公国を、シュテファンがバイエルン=インゴルシュタット公国を新たに創設、フリードリヒが引き続きバイエルン=ランツフート公国を統治した。

1413年にシュテファン3世が死ぬと、ルートヴィヒ7世は父の位を継承した。1429年バイエルン=シュトラウビングがバイエルン=インゴルシュタット公国に合併された。ルートヴィヒ7世の治世は、息子のルートヴィヒ8世が1443年に簒奪するまで続いた。ルートヴィヒ7世の身柄はバイエルン=ラントフーツ公ハインリヒ16世のもとに送られた。ルートヴィヒ8世は一連の政変ののち2年後に没した。またルートヴィヒ7世は囚われの身となった。はたして後継者がいなくなったバイエルン=インゴルシュタット公国はバイエルン=ランツフート公国に編入された。

地理編集