メインメニューを開く

ヨハン2世 (バイエルン公)

ヨハン2世(Johann II., 1341年 - 1397年)は、14世紀バイエルン公シュテファン2世シチリア王フェデリーコ2世の娘イザベッラの三男。シュテファン3世フリードリヒの弟。下バイエルン=ランツフート上バイエルン=ミュンヘン

1375年、2人の兄シュテファン3世、フリードリヒと共に相続、1392年には領土を3分割し、シュテファン3世はインゴルシュタット、フリードリヒはランツフートを、ヨハン2世はミュンヘンを治める事になった。しかし、シュテファン3世とは対立していて、1397年にヨハン2世が死去した後も2人の息子エルンストヴィルヘルム3世とシュテファン3世の対立は収まらず、ミュンヘン市民の暴動を招く事になる。

家族編集

1372年にゲルツ伯マインハルト6世の娘カタリーナと結婚した。

  1. エルンスト(1373年 - 1438年)
  2. ヴィルヘルム3世(1375年 - 1435年)
  3. ゾフィー(1376年 - 1425年) - 1389年神聖ローマ皇帝ヴェンツェルと結婚。
先代:
シュテファン2世
下バイエルン=ランツフート
1375年 - 1392年
シュテファン3世フリードリヒと共同統治
次代:
インゴルシュタット、ランツフート、ミュンヘン系に3分割
先代:
下バイエルンから分割
上バイエルン=ミュンヘン
1392年 - 1397年
次代:
エルンスト
ヴィルヘルム3世