バイキング(Viking)は1986年2月22日に打ち上げられたスウェーデン初の人工衛星1987年5月12日に運用終了。

バイキング
アリアンアダプターに装着されたバイキング
所属 スウェーデン宇宙公社
主製造業者 SAAB (主契約)、ボーイング (バス)
国際標識番号 1986-019B
カタログ番号 16614
状態 運用終了
目的 科学衛星
打上げ場所 ギアナ宇宙センター
打上げ機 アリアン1
打上げ日時 1986年2月22日
01:44:35 UTC
運用終了日 1987年5月12日
物理的特長
本体寸法 幅1.9m、高さ0.5mの8錐台
質量 535.0 kg
発生電力 80.0 W
姿勢制御方式 スピン安定
軌道要素
軌道 楕円軌道
近点高度 (hp) 822.0 km
遠点高度 (ha) 14000.0 km
軌道傾斜角 (i) 98.7°
軌道周期 (P) 270.0 分
引用資料[1][2][3]
テンプレートを表示

概要 編集

バイキング計画は宇宙機関であるスウェーデン国立宇宙委員会からの契約の元、スウェーデン宇宙公社が執り行った[1]。バイキングの目的は、地球の磁気圏電離圏における複雑なプラズマプロセスの科学的観測であった[1]。またスウェーデンの衛星事業を発展させる目的も存在した[2]

形状は幅1.9m、高さ0.5m、8錐台形をしており、宇宙空間で長さ40mのアンテナ水平方向に4本、4mのアンテナを垂直方向に2本伸ばしている[2]。打上げ時の重量は535.0 kgで、乾燥重量は286 kg[1]

1986年2月22日1時44分35秒(UTC)にSPOT 1ピギーバック衛星としてギアナ宇宙センターからアリアン1ロケットによって打ち上げられた[3][1]。SPOTの展開後、バイキングは搭載していたアポジキックモーターによって極軌道に投入された[1]

バイキングは5種類の測定実験を行った[2]。極地上空で、コイルアンテナを付けた長いブームを使い、プラズマ流高エネルギー粒子を7台のセンサで調査した他、電界磁場の測定、0~15kHzの低周波や10~500kHzの高周波紫外線などの測定実験を行った[2]

非常に有用なデータが大量に収集され、オーロラが発生するしくみやサブストーム英語版ダイナミクス、磁気圏に向かう電離圏プラズマの放出、などといった研究に大いに貢献した[2][4]

参考文献 編集

  1. ^ a b c d e f Viking - Gunter's Space Page
  2. ^ a b c d e f バイキング - JAXA宇宙情報センター
  3. ^ a b Viking -NSSDC Master Catalog
  4. ^ Scientific results from the Swedish Viking satellite Hultqvist, Bengt. Status Report, 1988 Swedish Inst. of Space Physics, Kiruna.