バクー・フニクラ

アゼルバイジャン・バクーにあるケーブルカー・システム

バクー・フニクラアゼルバイジャン語: Bakı funikulyoru: Baku Funicular)は、アゼルバイジャンバクーにあるケーブルカー・システムである。

バクー・フニクラ
Bakı funikulyoru
Baku Funicular 2010.jpg
バクー・フニクラの旧ビル(2010年)
座標 北緯40度21分33.7秒 東経49度49分50.5秒 / 北緯40.359361度 東経49.830694度 / 40.359361; 49.830694座標: 北緯40度21分33.7秒 東経49度49分50.5秒 / 北緯40.359361度 東経49.830694度 / 40.359361; 49.830694
所在地 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
バクー
完成 1960年

当ケーブルカーは、Neftchilar Avenue英語版Martyrs' Lane英語版の広場を結んでいる[1]

技術特性編集

 
バクー・フニクラの列車(2014年)
  • 線路の延長は455 meters (1,493 ft)である。
  • 線路は単線部分および列車交換場から成っている。
  • が2つあり、電力およびロープで駆動される。
  • BF-1およびBF-2の客車2両が利用されている。
  • 輸送能力は1日当たり2,000人である。
  • 最高速度は2.5 m/s (8.2 ft/s)である。
  • 客車の発車間隔は10分である。
  • 駅間の列車運行時間は4分である。
  • 営業時間は10:00 - 22:00である[2]
  • 客車の定員は28人である。

歴史編集

 
バクー・フニクラ(2008年)

当ケーブルカーは、Alish Lambaranski英語版の主導で建設された。 当ケーブルカーは、1960年に開業となった。 Tofig Ismayilovは、2006年より当ケーブルカーの責任者となっている[3]。 ケーブルカーには、11人の職員がいる。 ソビエト時代には、ハルキウで製造された客車を当ケーブルカーでは利用していた。

近代のケーブルカー編集

当ケーブルカーは、数回修理されている。 当ケーブルカーは1980年代後半に閉鎖され、2001年に再開業した。 当ケーブルカーは、2001年および2007年に見事に修理された。 2011年4月に、当ケーブルカーは完全なる整備のために再び閉鎖され、2012年5月23日に再開業した[4]。 当ケーブルカーには、「Bahram Gur英語版」および「Martyrs’ Lane」と呼ばれる2つの駅がある[5]

脚注編集

外部リンク編集