メインメニューを開く
バリー・ディラー、2009年9月。Photo by David Shankbone

バリー・ディラー(Barry Diller、1942年2月2日 - )は、アメリカ合衆国実業家パラマウント映画20世紀フォックスの会長兼CEOを歴任、フォックス放送創設に携わるなど、メディア界の大物として知られる。テレビ映画の製作面での才能と、企業経営と統率に手腕を発揮した。現在は、メディア・インターネット企業のIAC/InterActiveCorpと、オンライン旅行会社エクスペディア・グループで、それぞれ会長職を務めている。

目次

経歴編集

芸能エージェンシー編集

カリフォルニア州サンフランシスコ出身。父親はビバリーヒルズの不動産開発業者。ショービジネスに入りたくて、UCLAを中退すると近所のコネを使い大手の芸能エージェンシーであるウィリアム・モリス・エージェンシーの面接を受けて入社。メッセンジャーボーイからキャリアを積んだ。ディラーはここで多くを学んだとしている[1]

テレビネットワーク編集

ディラーは1966年、ABCに入社した。[2]

創業者のゴールデンソンは20代半ばのディラーを信頼し、映画の買い付けと放映計画の策定では業界の大物と直接交渉させた。この点にディラーは感謝している。69年には映画部門の責任者として、テレビ映画のレギュラー番組「ABC Movie of the Week」を創設、テレビミニシリーズも立ち上げた。

ディラーが辞めた後の77年シーズンにABC はプライムタイム視聴率で初めて首位を獲得した。しかし70年代後半から独立局、ケーブルテレビ局、衛星通信が視聴者を侵食していき、三大ネットワークも経営環境は変化した。

パラマウント編集

ディラーはガルフ&ウェスタン(以下、ガ社)のチャールズ・ブルードーンとABC 時代に知遇を得た。

60年代に株式市場で人気を集めたのはガ社のようなコングロマリットだった。自社よりPERの低い企業を買収し、一株当たりの価値を上げ買収合併を繰り返した。ブルードーンは傘下のパラマウント映画のテコ入れに人材を集めていた。ロバート・エヴァンズはチャーリーのお気に入りだった[3]

1974年、パラマウント映画の会長兼CEOに就任。「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」、「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」、「ビバリーヒルズ・コップ」など数々のヒット作を生み出した。パラマウント映画時代の部下として、マイケル・アイズナージェフリー・カッツェンバーグ、フランク・マンキューソがいる。

1983年にブルードーンが急死して、ガ社の経営がマーティン・デイビスに代わった。デイビスはパラマウントの経営陣からディラーとアイズナーを追い出そうとした。

フォックス編集

フォックスのマーヴィン・デイビス(前者と血縁関係はない)は、ディラーに破格の優遇を約束して自社へ誘った。

1984年、Fox, Inc.(20世紀フォックスの親会社)会長兼CEOに転じた。しかし業績の悪化していたフォックスは借金が膨れ上がり、デイビスとディラーの仲も最悪になった。

85年、ルパート・マードックニューズ・コーポレーションがフォックスを買収した。ディラーは引き続きマードックの下で経営に当たった。

80年代半ばには、恩師でもあるゴールデンソンがABCをキャピタル・シティズに売却したように巨大な三大ネットワークにも陰りが出た。マードックは、独立系のテレビ局を買収、第4のテレビネットワークを発足させようとした。

フォックス放送は若者向けの番組を作り人気を集めた。中でもカウンターカルチャーのアニメ「ザ・シンプソンズ」は人気を得た。

1992年、Foxを去る。辞職前にディラーは自分をニューズ・コーポレーションの会長にしてほしいと申し込んだ。マードックは冷静に断った。辞めた理由は「自分の会社ではないからだ」としている。

QVC から現在まで編集

次にディラーが手を組んだのは、加入世帯数1000万という当時、全米最大のケーブルテレビ局TCIジョン・マローンだった。あだ名の付いたパートナーが多いディラーだが、今回は敵から『ケーブルテレビ界のダース・ベイダー』と呼ばれた人物だった。

マローンは当時は20億ドル規模だったテレビショッピング市場をHSN と2分していたQVCの経営権をディラーに譲り、ディラーは会長に就任した。

1994年、念願のメジャー会社買収を狙い、自分を追い出したマーティン・デイビスのパラマウント映画を買収しようとするがバイアコムに敗れた。更にCBSの買収を企むが失敗に終わり、コムキャストリバティ・メディアがQVC を完全子会社化。職を失った。

1995年、HSNを自らの会社(独立局を運営する「Silver King」)と合併。

1997年にはUSAネットワークを買収。同年にはオンラインチケット業者「チケットマスター」を買収、以後数多くのインターネット関連会社を傘下に収める。

2002年、USAネットワークの娯楽部門をヴィヴェンディ・ユニバーサルに売却、会社名を「USA Interactive」(現「IAC/InterActiveCorp」)に変更、自らの事業をショッピング部門に特化する。

2005年、当時IAC/InterActiveCorp傘下にあった、オンライン旅行会社エクスペディア・グループを独立させるが、両社の会長職を兼任する体制とし、現在に至っている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1950年代半ば以降、映画会社の撮影所の権力は芸能エージェンシー、労働組合、銀行の前に弱体化した。エージェンシーは企画を立ち上げ脚本家、監督、俳優を揃えた。映画会社がこの「パッケージ」を実現するか否かは、銀行が融資をするかどうかにかかっていた。それまでは固まり(block)として半ば強制的に撮影所から割り当てて配給していた複数の映画が、反トラスト法による判決により、個別の商品として自由に(free)契約が成立した。慎重な銀行を納得させるには集客力のあるスターが出演する必要があり、肝心のスターはエージェンシーと契約するか独立プロを運営していた。
  2. ^ 当時のABC は三大テレビネットワークのなかでは加盟局は一番少なく、プライムタイム視聴率競争でも常に最下位にあった。ABC は1953年に、NBC から当時としては巨額の2500万ドルでレナード・ゴールデンソンが買収して発足、ゴールデンソンは30年以上経営に携わった。キャピタル・シティズのABC 買収には企業評価に厳しいウォーレン・バフェットも投資をした。
  3. ^ エヴァンズはニューヨークのアッパーサイドでリベラルな歯科医の息子として生まれた早熟な天才。俳優から転身してパラマウントの製作担当副社長へ。『ある愛の詩』『ゴッドファーザー』『ゴッドファーザーPARTⅡ』『ローズマリーの赤ちゃん』『チャイナタウン』をヒットさせた。

外部リンク編集