メインメニューを開く

株式会社バンダイナムコテクニカ(BANDAI NAMCO Technica Inc.)は、アーケードゲーム関連のアフターサービスなどを行う日本の企業。株式会社バンダイナムコアミューズメントの100%子会社[1]

株式会社バンダイナムコテクニカ
BANDAI NAMCO Technica Inc.
BANDAI NAMCO logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 BNTC
本社所在地 日本の旗 日本
221-0862
神奈川県横浜市神奈川区三枚町22番1
設立 2017年4月3日
業種 その他製品
法人番号 8020001120713
事業内容 アミューズメント機器関連のアフターサービス事業
中古アミューズメント機器及び他社アミューズメント機器の仕入れ及び販売に関する業務等
代表者 代表取締役社長 長谷川琢也
資本金 1000万円
純利益 1億3174万6000円
(2018年3月期)
純資産 12億3711万2000円
(2018年3月31日現在)
総資産 19億9312万4000円
(2018年3月31日現在)
従業員数 54名
(2018年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)バンダイナムコアミューズメント 100%
外部リンク https://bandainamcotec.co.jp/
特記事項:2017年4月3日にバンダイナムコエンターテインメントから新設分割。
テンプレートを表示

目次

概要編集

これまでバンダイナムコエンターテインメント(旧:ナムコ、旧:バンダイナムコゲームス、旧:バンプレスト製品も含む)のアーケードゲームのアフターサービスは、長年自社のテクニカルセンターで行ってきた。バンダイナムコエンターテインメントは2017年1月11日に、自社アーケードゲーム製品のアフターサービスの他にも、他社のアーケードゲーム製品や中古アーケードゲーム筐体の販売などのアミューズメント関連の新事業を展開する新会社として、株式会社バンダイナムコテクニカを新設分割で設立することを発表した。

バンダイナムコテクニカは2017年4月3日付で、バンダイナムコエンターテインメントから、アーケードゲームのアフターサービス事業を新設分割で承継した。本社はバンダイナムコエンターテインメントテクニカルセンターが所在していた神奈川県横浜市神奈川区に置かれる[2]。但し、バンダイが発売しているデータカードダス筐体の修理業務は、これまで通り千葉県柏市にあるバンダイパーツセンターが担当する[3]。同年7月にはRAW THRILLS開発のアーケードゲームの取扱を開始した。

沿革編集

  • 2017年4月3日 - バンダイナムコエンターテインメントテクニカルセンターを分社化する形で設立。同時にバンダイナムコエンターテインメントから、アーケードゲームのアフターサービス事業を移管。
  • 2018年4月1日 - バンダイナムコグループの再編に伴い、ナムコから商号変更されたバンダイナムコアミューズメントの子会社となる[4][5]

主な取扱製品編集

発売予定の製品も含む。

脚注編集

  1. ^ アミューズメント施設事業関連会社バンダイナムコアミューズメント
  2. ^ アミューズメント機器のサービス事業会社 株式会社バンダイナムコテクニカを設立 アミューズメント機器のアフターサービス事業の拡張と強化を目的に分社化バンダイナムコエンターテインメント 2017年1月11日
  3. ^ 臨時休業のお知らせバンダイナムコエンターテインメント 2017年10月
  4. ^ 子会社の組織再編についてバンダイナムコホールディングス 2018年2月9日
  5. ^ バンダイナムコグループ中期計画(2018年4月~2021年3月) CHANGE for the NEXT 挑戦・成長・進化バンダイナムコホールディングス 2018年2月9日

外部リンク編集