メインメニューを開く
Androidスマートフォンで動作するGoogleアシスタント
Apple TVのリモコン、ユーザーは視聴コンテンツを見つけるためAIアシスタントの「Siri」に質問できる
AIアシスタントの「Alexa」が動作するスマートスピーカーの「Amazon Echo」

バーチャルアシスタントは、個人のタスクまたはサービスを実行できるソフトウェアエージェント。AIアシスタントと呼ばれることもある。

2017年時点で、AIアシスタントの性能や使用法は急速に拡大しており、新製品も市場に登場している。2017年5月のオンライン調査ではアメリカで最も幅広く使われているのはAppleのSiri (34%)で、2位以降はGoogleアシスタント (19%)、Amazon Alexa (6%)、Microsoft Cortana (4%)という結果になった[1] 。これらのアシスタントが動作するスマートスピーカーの使用法は根本的に異なっている。Appleは2017年6月までスマートスピーカーの発表すらしていなかった。Apple(iOS)とGoogle(Android)は各社のOSが搭載されている大規模なスマートフォンのユーザーを持っており、マイクロソフトはWindowsがインストールされている多くのPCがある(Cortanaはスマートフォンやスマートスピーカーでも動作する )一方Alexaはネット通販の(Amazon)商品を注文できる最初のAIアシスタントとなった[2]

目次

歴史編集

デジタル音声認識を可能にした最初のツールは「IBM Shoebox」で、1961年の市場投入後1962年にシアトル万国博覧会で一般公開された。その20年後の1981年に最初のIBM PCが発売され、16の音声語と数字0〜9を認識することができた。音声認識技術の開発における次のマイルストーンは、米国国防総省DARPAの相当な支援を受けて、ペンシルベニア州ピッツバーグのカーネギーメロン大学で1970年代に達成された。彼らのツール 「Harpy」は、約1000語(3歳児の語彙力に相当)を習得した。 約10年後、同じグループの科学者が、個々の単語を分析するだけでなく、隠れマルコフモデルによって単語シーケンス全体を分析できるシステムを開発した[3] 。したがって、音声認識ソフトウェアを適用した最も初期のAIアシスタントは自動応答および医療用ICレコーダーであった[4] 。1990年代、デジタル音声認識技術は、「Microsoft」、「IBM」、「Philips」、「Lernout&Hauspie」が顧客向けに競争してきたPCの特徴となった。かなり後に、1994年の最初のスマートフォンIBM Simonの市場投入は、今日のAIアシスタントの基盤となった[5] 。スマートフォンに搭載された最初の現代のAIアシスタントは「Siri」であり、2011年10月14日にiPhone 4Sの機能として導入された[6] 。Appleは、DARPAと米国国防総省から資金を調達している研究所「SRIインターナショナル」のスピンオフ企業である「Siri Inc.」を2010年に買収した後にSiriを開発した[3]

交流方法編集

バーチャルアシスタントは以下の方法で動作する

  • テキスト (チャット)、特にインスタントメッセージアプリなど
  • 音声、例えばアマゾンエコーに搭載されているAmazon AlexaやiPhoneに搭載されているSiriがある。
  • 写真の撮影及びアップロード、サムスンのギャラクシーS8に搭載されている「Bixby」などがある

一部のAIアシスタントは複数の方法で利用できる。Googleアシスタントはグーグル「Allo」アプリのチャット機能とスマートスピーカーの「グーグルホーム」で音声を通じて利用できる。

AIアシスタントは、ユーザーのテキストまたは音声入力を実行可能コマンドに一致させるために自然言語処理(NLP)を使用する。多くは、機械学習を含む人工知能技術を使用して継続的に学習する。

声を使ってAIアシスタントを起動させるには、「起動ワード」が使われる。起動ワードは「Alexa(アレクサ)」や「OK Google(オッケー、グーグル)」といった単語などである[7]

アシスタントが搭載されているデバイス編集

AIアシスタントは、Amazon Alexaのように、さまざまな種類のプラットフォームに搭載されている。

  • アマゾンエコーやグーグルホームのようなスマートスピーカーに搭載
  • スマートフォンとウェブを介したインスタントメッセージングアプリ。例えば、 FacebookとFacebook messenger(アプリ版とweb)で動作するFacebookのAIアシスタント「M」
  • iOSのSiriなどモバイルOSに組み込まれているアシスタントやWindowsのCortanaなどデスクトップOSに組み込まれているアシスタント。
  • ギャラクシーS8のBixbyやGoogle PixelのGoogleアシスタントなど、OSとは独立した形でスマートフォンに組み込まれているアシスタント
    [8]
  • Google Alloのようなモバイルアプリケーション
  • インスタントメッセージングプラットフォーム内での特定の組織のアシスタント、Facebookメッセンジャー上で動作するアエロメヒコ航空の「Aerobot」やWeChat(微信)上で動作する「Wechat Secretary」など
  • ドミノピザの「Dom」など特定の企業や他の組織のモバイルアプリ内[9]
  • スマートウォッチ
  • 家電[10]、自働車[11] 、及びAndroid Wearのようなウェアラブル端末[12]
  • 過去世代のAIアシスタントはアラスカ航空の「Ask Jenn」のようにウェブサイトで動作する[13] ものやニュアンス社のアメリカン航空の自動音声応答装置(IVR)のようなIVRで動作した[14]
  • Orangeの「Djingo」[15]

サービス編集

AIアシスタントは多種多様なサービスを提供することができ、特にAmazon AlexaとGoogleアシスタントのサービスは2017年現在も増加し続けている。これらには以下の様なサービスが含まれる:[16]

  • 天気情報やWikipediaIMDBからの情報の提供や、アラームの設定、予定表リスト、ショッピングリストの設定ができる。
  •  SpotifyPandoraのようなストリーミングサービスの音楽の再生、ラジオの再生、オーディオブックの再生
  • テレビでビデオや、テレビ番組、映画、ネットフリックスのようなストリーミングサービスの再生
  • Amazonなどから商品を購入
  • 人間による顧客サービスの補完および/または交換[17] 、あるレポートでは、自動オンラインアシスタントが、人間が提供するコールセンターの作業負荷を30%削減したと推定している[18]

第三者のサービス編集

アシスタントのプラットフォームで動作するアプリ(Amazon Alexa用は「スキル」、Googleアシスタント用は「アクション」と呼ばれている)を第3者が開発している。

開発者プラットフォーム編集

最も広く使用されているAIアシスタントを動作させているプラットフォームは、他のソリューションにも使用されている。

  • Amazon Lexは2017年4月に開発者に公開された。Lexには2016年11月に導入された自動音声認識が組み合わされた自然言語理解技術が含まれている[19]
  • GoogleはGoogleアシスタントの「アクション」の制作のために「Actions on Google」と「API.ai」プラットフォームを開発者向けに提供している[20]
  • Appleは開発者がSiriの拡張機能を制作するための「SiriKit」を提供している
  • IBMのWatsonは、AIアシスタントとされることもあるが、実際には一部のAIアシスタント、人工無能を動作させる人工知能プラットフォームとコミュニティ全体である。他の多くの種類のソリューションがある[21]

過去の世代編集

以前の世代のテキストチャットベースのAIアシスタントでは、アシスタントはしばしばアバター(対話型オンラインキャラクターまたは自動キャラクター)として表示され、これは具現化AIとして知られていた。

アシスタントの比較編集

AIアシスタント 開発者 フリーソフトウェア 無料のオープンソースハードウェア HDMI 外部入出力 IOT Chromecast統合 スマートフォンアプリ 常に動作するか ユニットからユニットへのボイスチャンネル
Assistant Speaktoit No N/A N/A N/A No No Yes No N/A
Alexa (a.k.a. Echo) Amazon.com No No No No Yes No Yes Yes 不明
Bixby Samsung Electronics No N/A N/A N/A N/A N/A N/A N/A N/A
BlackBerry Assistant BlackBerry Limited No N/A N/A N/A No No Yes No N/A
Braina Brainasoft No N/A N/A N/A No No Yes No N/A
Cortana Microsoft No N/A N/A N/A Yes No Yes Yes N/A
Evi Amazon.com True Knowledge No N/A N/A N/A No No Yes No N/A
Googleアシスタント Google No N/A N/A N/A Yes No Yes Yes N/A
Google Now Google No N/A N/A N/A Yes Yes Yes Yes N/A
M(2018年1月に提供終了)[22] Facebook
Mycroft[23] Mycroft AI Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes Yes
Sherpa[要曖昧さ回避] Sherpa Europe SL No N/A N/A N/A Yes No Yes Yes N/A
SILVIA Cognitive Code No N/A N/A N/A No No Yes No N/A
Siri Apple Inc. No N/A N/A N/A Yes No Yes Yes N/A
Lucida

Template:Third party inline

不明 Yes N/A N/A N/A No No Yes No N/A
Viv Samsung Electronics No N/A N/A N/A Yes No Yes No N/A
Nina Nuance No

経済的関連性編集

AIアシスタントによって可能になったデジタル体験は、最近の主要な技術進歩と最も有望な消費者動向の1つであると考えられている。専門家は、デジタル体験は、より多くの人が魅力的とされなくても、「本物の」体験に匹敵するステータスを達成すると主張している[24] 。頻繁に利用するユーザー数が多く、世界中のユーザーのAIアシスタント数が大幅に増加している傾向が確認されており、2017年中頃には、AIアシスタントを頻繁に使用するユーザー数は世界中で約10億人と推定されている[25]。さらにAIアシスタント技術は、もはやスマートフォンアプリケーションに留まらず、多くの業界(自動車、通信、小売、医療、教育を含む)に存在している[26]。すべての分野の企業の重要な研究開発費とモバイル機器の実装の増加に対応して、音声認識技術市場は、2016年から2024年の間の年平均成長率が34.9%で世界的に成長を続け、2024年には世界市場規模は75億ドルを超えると予測されている[26] 。BYOD(デバイスの私的利用)と法人携帯事業の重要な影響により、市場リーダーの地域分布を考慮すると、北米の企業(ニュアンス・コミュニケーションズ、IBM、eGainなど)は、今後数年間は業界を独占すると予想されている。 さらに、スマートフォン支援プラットフォームに対する需要の増加は、北米のAIアシスタント産業の成長をさらに促進することが期待されている。アジア太平洋地域のAIアシスタント業界は、北米市場と比較して規模は小さいものの、主要企業がインドと中国に拠点を置いており、2016年から2024年の期間で年間成長率40%(世界平均を上回る)で成長すると予測されている[26]

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ https://www.usatoday.com/story/tech/news/2017/06/05/apple-unveils-349-homepod-compete-amazon-echo-google-home/102523820/
  2. ^ https://venturebeat.com/2016/12/30/2016-chat-wars-are-over-amazon-won/
  3. ^ a b https://www.welt.de/newsticker/dpa_nt/infoline_nt/computer_nt/article106206488/Von-IBM-Shoebox-bis-Siri-50-Jahre-Spracherkennung.html
  4. ^ https://www.britannica.com/technology/speech-recognition
  5. ^ https://pop.orange.com/en/a1436/smartphone-personal-assistant-mobile/
  6. ^ https://www.engadget.com/2011/10/04/iphone-4s-hands-on/
  7. ^ S7617 - Developing Your Own Wake Word Engine Just Like 'Alexa' and 'OK Google'”. GPU Technology Conference. 2017年7月17日閲覧。
  8. ^ https://www.cnet.com/how-to/google-pixel-assistant/
  9. ^ http://adage.com/article/cmo-strategy/domino-s-pitches-voice-ordering-app-fast-food/295284/
  10. ^ http://www.retaildive.com/news/lg-introduces-smart-refrigerator-with-amazon-alexa-enabled-grocery-ordering/433366/
  11. ^ https://www.theguardian.com/technology/2017/feb/07/amazon-alexa-car-logitech-zerotouch-voice-services-assistant
  12. ^ http://www.pocket-lint.com/news/137722-what-is-google-assistant-how-does-it-work-and-which-devices-offer-it
  13. ^ "Ask Jenn", Alaska Airlines website
  14. ^ "American Airlines (US Airways) - First US Airline to Deploy Natural Language Speech" (video), Nuance Enterprise on YouTube
  15. ^ Sayer, Peter (2017年4月20日). “By Djingo, there's a new virtual assistant”. PC World. IDG News Service. http://www.pcworld.com/article/3191374/artificial-intelligence/by-djingo-theres-a-new-virtual-assistant.html 2017年7月20日閲覧。 
  16. ^ https://www.cnet.com/how-to/amazon-echo-the-complete-list-of-alexa-commands/
  17. ^ Kongthon, Alisa; Sangkeettrakarn, Chatchawal; Kongyoung, Sarawoot; Haruechaiyasak, Choochart (2009-01-01). “Implementing an Online Help Desk System Based on Conversational Agent”. Proceedings of the International Conference on Management of Emergent Digital EcoSystems. MEDES '09 (New York, NY, USA: ACM): 69:450–69:451. doi:10.1145/1643823.1643908. ISBN 9781605588292. http://doi.acm.org/10.1145/1643823.1643908. 
  18. ^ Aetna's new "virtual online assistant" Archived 2010年6月7日, at the Wayback Machine. By Anthony O'Donnell.
  19. ^ https://techcrunch.com/2017/04/20/amazon-lex-the-technology-behind-alexa-opens-up-to-developers/
  20. ^ https://developers.google.com/actions/
  21. ^ https://www.ibm.com/blogs/watson/
  22. ^ Facebook、AIアシスタント「M」の提供を終了へcnet(2018年1月9日)2018年3月29日閲覧
  23. ^ Meet Mycroft, The Open Source Alternative To Amazon Echo”. Forbes (2015年8月20日). 2016年10月27日閲覧。
  24. ^ http://trendwatching.com/trends/5-trends-for-2017/
  25. ^ https://www.statista.com/chart/5621/users-of-virtual-digital-assistants/
  26. ^ a b c https://gminsights.wordpress.com/tag/virtual-assistant-industry-statistics/