メインメニューを開く
本来の表記は「バーテンダー à Tokyo」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

バーテンダー à Tokyo』(バーテンダー ア トーキョー)は、原作:城アラキ、作画:加治佐修による日本漫画。『グランドジャンプ』(集英社)にて、2013年23号から2015年23号まで連載した後、『グランドジャンプPREMIUM』(同社刊)に掲載誌を移した後に2016年1号から同年7号まで連載。

バーテンダー à Paris』の直接の続編で、主人公も同じ[1]。本作の続編として『バーテンダー6stp』が『グランドジャンプPREMIUM』で連載されている[2]

あらすじ編集

佐島蓮銀座の「バー守谷」に勤め、日本有数の名バーテンダーである守谷からの教えを受ける。

やがて、佐島は閉鎖されていた「バー紐育」を受け継ぐ。

主な登場人物編集

佐島 蓮(さじま れん)
バー守谷
守谷 昭雄(もりや あきお)
鹿島 守(かしま まもる)
3年目の見習い。静岡県磐田出身。コミックス最終巻では国内カクテルコンテストのジュニア部門(29歳以下)で銀賞を獲得するまでになる。
木島(きじま)
バーテンダー。酒の専門知識を語りだすと止まらない。
バー・エルメホール
バー紐育と同じビルに入っているバー。
久間 雄一(ひさま ゆういち)
守谷の旧知の盟友。エルメホールのオーナーバーテンダー。鹿児島県出身。
澄田 麻紀(すみた まき)
初登場時25歳、2年目の女性バーテンダー見習い。博多弁が出ることがある。
バー紐育
八代
故人。守谷、久間とも旧知。
久保 礼子(くぼ れいこ)
いくつものワインレストランを経営する女社長。かつては八代と結婚の約束をしていた。

書誌情報編集

出典編集