パウラ・ベーアPaula Beer1995年2月1日[1] - )は、ドイツ女優

パウラ・ベーア
Paula Beer
パウラ・ベーア Paula Beer
2020年の第70回ベルリン国際映画祭にて
生年月日 (1995-02-01) 1995年2月1日(27歳)
出生地 ドイツの旗 ドイツマインツ
職業 女優
活動期間 2010年 -
主な作品
ルートヴィヒ
婚約者の友人
水を抱く女
 
受賞
ヴェネツィア国際映画祭
マルチェロ・マストロヤンニ賞
2016年婚約者の友人
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(女優賞)
2020年水を抱く女
ヨーロッパ映画賞
女優賞
2020年『水を抱く女』
その他の賞
テンプレートを表示

来歴編集

マインツ出身[2]。2010年に映画Pollでデビュー、第31回バイエルン映画賞新人女優賞を受賞した[3]。2012年の映画『ルートヴィヒ』で注目される。

2016年の映画『婚約者の友人』で第73回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した[4][5][6]。2020年の映画『水を抱く女』で第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞 (女優賞)[7]、第33回ヨーロッパ映画賞女優賞を受賞した[8][9][10]

主な出演作品編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
2010 Poll Oda von Siering 第31回バイエルン映画賞新人女優賞受賞
2012 ルートヴィヒ
Ludwig II.
ゾフィ
2014 パリよ、永遠に
Diplomatie
イングリッド クレジットなし
2015 クリスマスの伝説 4人の若き王たち
4 Könige
アレックス
2016 婚約者の友人
Frantz
アンナ 第73回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞受賞
2018 未来を乗り換えた男
Transit
マリー
ある画家の数奇な運命
Werk ohne Autor
エリー・ゼーバント
2019 ウルフズ・コール
Le Chant du loup
ディアナ
2020 水を抱く女
Undine
ウンディーネ 第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞 (女優賞)受賞
第33回ヨーロッパ映画賞女優賞受賞

脚注編集

  1. ^ Paula Beer auf der Website ihres Managements, abgerufen am 14. Januar 2021.
  2. ^ Armelle Heliot: Paula Beer, la belle aux yeux d’or bei lefigaro.fr, 29. August 2016 (abgerufen via Pressedatenbank Nexis).
  3. ^ “Bayerischer Filmpreis - Alle lieben Hannelore - Landkreis München”. Süddeutsche Zeitung. (2011年1月14日). https://www.sueddeutsche.de/muenchen/landkreismuenchen/bayerischer-filmpreis-alle-lieben-hannelore-1.1046876 2021年5月30日閲覧。 
  4. ^ Paula Beer als beste Nachwuchsdarstellerin ausgezeichnet”. FAZ.net (2016年9月10日). 2016年9月11日閲覧。
  5. ^ „La Biennale di Venezia – Official Awards of the 73rd Venice Film Festival“. Zugegriffen 10. September 2016 (labiennale.org (Memento vom 16. 9月 2016 im Internet Archive)).
  6. ^ “ヴェネツィア金獅子賞にフィリピン出身監督の作品が輝く、トム・フォード新作も受賞”. 映画ナタリー. (2016年9月11日). https://natalie.mu/eiga/news/201446 2021年5月30日閲覧。 
  7. ^ THE AWARDS OF THE 70th BERLIN INTERNATIONAL FILM FESTIVAL”. Berlinale. 2021年5月30日閲覧。
  8. ^ Archive - European Film Awards”. europeanfilmawards.eu. 2020年4月11日閲覧。
  9. ^ “「東ベルリンから来た女」監督のベルリン受賞作「水を抱く女」予告”. 映画.com. (2021年2月2日). https://eiga.com/news/20210202/11/ 2021年5月30日閲覧。 
  10. ^ ““水の精ウンディーネ”パウラ・ベーア、監督&共演者を「深く信頼している」『水を抱く女』”. シネマカフェ. (2021年3月22日). https://www.cinemacafe.net/article/2021/03/22/71973.html 2021年5月30日閲覧。 

外部リンク編集