ゾフィー・シャルロッテ・イン・バイエルン

バイエルン王国の公女

ゾフィー・シャルロッテ・アウグステ・イン・バイエルン(Sophie Charlotte Auguste in Bayern, 1847年2月22日 - 1897年5月4日)は、オルレアン家のアランソン公爵フェルディナン・フィリップの妻。フランス名ソフィー=シャルロット・アン・バヴィエール(Sophie-Charlotte Auguste en Bavière)。

ゾフィー・シャルロッテ・イン・バイエルン
ソフィー=シャルロット・アン・バヴィエール
Sophie Charlotte Auguste in Bayern
Sophie-Charlotte en Bavière
バイエルン公女
アランソン公爵夫人
Sofia Carlota da Baviera.JPG

全名 ゾフィー・シャルロッテ・アウグステ
出生 (1847-02-22) 1847年2月22日
バイエルン王国の旗 バイエルン王国ミュンヘン
死去 (1897-05-04) 1897年5月4日(50歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
埋葬 フランスの旗 フランス共和国ドルーサン=ルイ王室礼拝堂フランス語版
配偶者 アランソン公爵フェルディナン・フィリップ
家名 ヴィッテルスバッハ家
父親 マクシミリアン・ヨーゼフ・イン・バイエルン
母親 ルドヴィカ・フォン・バイエルン
テンプレートを表示

生涯編集

バイエルン王家であるヴィッテルスバッハ家傍系のバイエルン公マクシミリアンとその妻である王女ルドヴィカの娘として生まれた。姉にオーストリア皇后エリーザベトがいる。

1867年1月に母方の従兄の息子であるバイエルン王ルートヴィヒ2世と婚約したが、王は結婚の日取りを何度も延期した後、結局10月に婚約は破棄された。

1868年9月、ゾフィーはフランス王ルイ・フィリップの次男ヌムール公ルイの息子アランソン公とポッセンホーフェン城で結婚した。夫妻は1男1女をもうけた。

1897年5月4日、バザール・ド・ラ・シャリテで発生した火災に巻き込まれるも、救助を拒み、バザーの手伝いをしていた少女たちを先に助けるように求めたという。彼女は136人の犠牲者の一人となった[1]。遺体は黒焦げになっていたが歯科医によって特定され[2]ドルーサン=ルイ王室礼拝堂フランス語版に埋葬された[2]。なお、義理の姪の死を知った2日後、オマール公爵アンリは心臓発作を起こして帰らぬ人となった[1]

出典編集

  ウィキメディア・コモンズには、ゾフィー・シャルロッテ・イン・バイエルンに関するカテゴリがあります。