メインメニューを開く

パミール高原

パミール高原(パミールこうげん、英語:Pamir Mountains)は西アジア最東端のヒンドゥークシュ山脈の付近にある高原である。パミル高原とも表記する[1]。「パミール」は、ペルシャ語で「世界の屋根」を意味するといわれる。中国では "葱嶺"(そうれい)とも呼ばれていた。

パミール高原
Pamir Mountains, Tajikistan, 06-04-2008.jpg
航空機から撮影したパミール高原(2008年6月撮影)
所在地 タジキスタンキルギスアフガニスタンパキスタン中国
位置 北緯38度55分 東経72度01分 / 北緯38.917度 東経72.017度 / 38.917; 72.017座標: 北緯38度55分 東経72度01分 / 北緯38.917度 東経72.017度 / 38.917; 72.017
最高峰 イスモイル・ソモニ峰 (7,495m)
Location map Pamir mhn.svg
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

目次

概要編集

パミール高原はタジキスタンアフガニスタン及び中国にまたがり、平均標高5000mで中央部は高原状。最高峰はタジキスタンにあるイスモイル・ソモニ峰(7495m)。ゴルノ・バダフシャン自治州にはイラン系アーリア人パミール人が暮らす。

タクラマカン砂漠を通るシルクロードは、この高原を越えて東西を結んでいた。

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤洋一郎 『食の人類史 ユーラシアの狩猟・採集、農耕、遊牧』 中央公論新社2016年、197頁。ISBN 978-4-12-102367-4

関連項目編集