メインメニューを開く

パミール高原(パミールこうげん、英語:Pamir Mountains)あるいはパミル高原は、タジキスタンアフガニスタン中国などにまたがる平均標高5,000mに達する高原で、中国では葱嶺(そうれい)と呼ばれていた[1]。「パミール」は、タジク語で「世界の屋根」を意味するといわれる[2]

パミール高原
Pamir Mountains, Tajikistan, 06-04-2008.jpg
パミール高原の空撮像(2008年6月)
所在地 タジキスタンキルギスアフガニスタンパキスタン中国
位置 北緯38度35分 東経75度18分 / 北緯38.583度 東経75.300度 / 38.583; 75.300座標: 北緯38度35分 東経75度18分 / 北緯38.583度 東経75.300度 / 38.583; 75.300
最高峰 コングール山 (7,719m)
Location map Pamir mhn.svg
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

目次

概要編集

東パミール、中部パミール、西パミールに分かれ、東パミールの中国領に最高峰コングール山(7,719m)やムスタグアタ山(7,546m)があり、西パミールの最高峰はタジキスタン領のイスモイル・ソモニ峰(7,495m)である[1]

この高原から東北に向かって天山山脈、南方に向かって崑崙山脈カラコルム山脈ヒマラヤ山脈、西南に向かってヒンドゥークシュ山脈が伸びており、「世界の屋根」と呼ぶにふさわしい地形である[3]タクラマカン砂漠を通るシルクロードは、この高原を越えて東西を結んでいた。

タジキスタン東部のゴルノ・バダフシャン自治州にはイラン系パミール人テュルク系キルギス人が暮らしている。

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b パミール高原”. コトバンク. 2019年3月24日閲覧。
  2. ^ パミール”. weblio辞書. 2019年3月24日閲覧。
  3. ^ 横川文雄(訳) 深田久弥、榎 一雄(監修) 『ヘディン中央アジア探検紀行全集 1 アジアの砂漠を越えて(上)』 白水社、1964年

関連項目編集