メインメニューを開く

パリ=ノール-リール線フランス語: Ligne de Paris-Nord à Lille)は、フランスの首都パリパリ北駅からノール県リールリール=フランドル駅に至る区間を結ぶフランス国鉄の鉄道路線である。

パリ=ノール-リール線
Ligne Paris - Lille.svg
基本情報
起点 パリ
終点 リール
所有者 フランス国鉄
路線諸元
路線距離 251 km
軌間 1,435 mm
線路数 複線
電化方式 交流25kV 50Hz
最高速度 160 km/h
テンプレートを表示

歴史編集

1833年の段階でフランスベルギーおよびイギリスを鉄道で結ぶ計画は存在した。1842年11月までにリール - ヴァランシエンヌ間の路線はベルギーの鉄道ネットワークの一部として開業していた。1844年7月にはパリ - リール間の鉄道のルートが決定された。この路線および支線の建設許可を国から受けたのは北部鉄道である。

1846年6月20日に開業した。当初の路線はオワーズ川の谷沿い、サン=トゥアン=ロモヌおよびペルサンを経由していたが、1859年5月10日にはサン=ドニ - クレイユ間を結ぶ短絡線が開業した。1世紀以上にわたりクレイユ-ジュモン線ベルギー国鉄96号線と共にパリ - ブリュッセル間を結ぶ一大幹線としての役割を果たした。 1993年のLGV北線の開業に伴い、大半の長距離旅客列車は新線経由に移行した。今日では地域輸送と貨物輸送が中心の路線になっている。

列車編集

以下の旅客列車が運行されている。

  • TGVタリスユーロスター:パリ北駅 - ヴィリエ=ル=ベル=ゴネス=アルヌービル駅間は当線を経由する。
  • アンテルシテ: ブローニュ方面への列車はパリ - ロンゴー間は当線を経由する。カンブレーおよびモブージュ方面への列車はパリ - クレイユ間で当線を経由する。
  • 地域列車:全線(TERピカルディおよびTERノール=パ・ド・カレーが運行)
  • トランシリアン:パリ北駅 - サン=ドニ駅
  • RER D線[1]:パリ北駅 - クレイユ駅


脚注編集

関連項目編集