パレルモの海戦

仏蘭戦争の海戦

パレルモの海戦(パレルモのかいせん、フランス語: Bataille de Palerme)は仏蘭戦争中の1676年6月2日シチリア島パレルモ沖で行われた海戦。モルトマール公爵英語版率いるフランス艦隊に対し、オランダとスペインの連合艦隊はストロンボリアウグスタの敗戦に加えミヒール・デ・ロイテル提督を失った痛手から立ち直れず、敗北した。勝利したフランス艦隊はこれ以降、スペイン継承戦争まで地中海西部の覇権を握った。

パレルモの海戦
CombateNavalDePalermo16760602PierrePuget1677.jpg
戦闘で炎上したオランダ船とスペイン船。ピエール・プジェ作、1677年。
戦争仏蘭戦争
年月日1676年6月2日
場所シチリア王国パレルモ
結果:フランスの決定的な勝利
交戦勢力
フランス王国の旗 フランス王国 ネーデルラント連邦共和国の旗 ネーデルラント連邦共和国
スペイン スペイン王国
指導者・指揮官
フランス王国の旗 モルトマール公爵英語版 スペイン ディエゴ・デ・イバラフランス語版 
ネーデルラント連邦共和国の旗 ヤン・デン・ハーンドイツ語版 
戦力
軍艦29隻
火船9隻
ガレー船25隻[1]
オランダ軍艦17隻
スペイン軍艦10隻
火船4隻
ガレー船19隻[1]
損害
死傷者200 軍艦12隻、ガレー船6隻、火船4隻
スペイン軍戦死2,000-2,500
オランダ軍戦死200
うちスペイン提督2人、オランダ提督2人

背景編集

1673年にオランダ側に立って対仏戦争に参戦したスペインは1675年に地中海にてオランダ艦隊の増援を受け、一方フランスも艦隊を派遣してメッシーナの反乱を支持した。その後、フランス艦隊はメッシーナ(1675年1月2日)、第一次ストロンボリ(1675年2月11日)、第二次ストロンボリ(1676年1月8日)、アウグスタ(1676年4月22日)などの海戦に連勝した。直近のアウグスタの海戦ではスペイン艦隊が積極的にオランダ艦隊を支援しなかったためオランダ艦隊は手痛い損害を被り、総指揮官のミヒール・デ・ロイテルを失ってしまった。そのため、オランダとスペインの連合艦隊は1676年初夏にパレルモに逃げ込み、艦隊の修理を行った[2]

しかし、フランスにとって地中海での終戦は連合艦隊を撃滅する瞬間である。そのため、フランス艦隊は攻勢を再開、1676年5月26日にメッシーナから出航した。フランス艦隊の指揮官はモルトマール公爵英語版で、アブラハム・デュケーヌ英語版(前衛)とジャン・ガバレフランス語版(後衛)が補佐した[3]。連合艦隊の方ではヤン・デン・ハーンドイツ語版がロイテルの後任としてオランダ艦隊を指揮、スペイン艦隊でも前の海戦で精彩を欠いたラ・セルダ提督に代わりディエゴ・デ・イバラフランス語版が指揮を執った[3]

戦闘編集

5月31日、軍艦29隻、火船9隻とガレー船25隻で構成されたフランス艦隊がパレルモ沖に到着した。パレルモ港にいる連合艦隊はまだ修理を終わらせておらず、ヤン・デン・ハーンはエーンドラグ艦(Eendragt)に保存されていたロイテルの遺体を処理している最中であった[2]。ガバレとトゥールヴィル伯爵フェラッカに乗って偵察を行った[2]。連合艦隊の構成は軍艦27隻(うち17隻はオランダ艦)、ガレー船19隻と火船4隻だった。パレルモ湾には特に防御工事がなく、これらの情報を得たモルトマールは停泊中の連合艦隊に攻撃することを決めた[1]

6月2日朝、風が北東からパレルモ港の内部へと吹いていた[3]。モルトマールはすぐに接近して火船を放った。風力を借りて進んだ火船はすぐに停泊していた連合艦隊を脅かした。連合艦隊の艦長たちは慌てて錨を切って風に任せて港のさらに奥に移動したが、その後を火船が追撃した[2]。モルトマールとデュケーヌはこの混乱に乗じて攻撃を仕掛け、砲撃を開始した。これにより連合艦隊はさらに混乱に陥り、火が船から船へと移り、多くの船が沈没したり難破した[3]。今やパレルモ市自体も火災の脅威にさらされた[3]

スペイン艦隊の旗艦が爆発して[2]、ディエゴ・デ・イバラは溺死、ラ・セルダも戦死した。スペインのガレー船隊の旗艦も炎上した。ヤン・デン・ハーンが戦死、またファン・ミデルラント少将(Van Middelland)も戦死した。オランダ艦隊は2人のほかには大尉7人、兵士と海員250人を失った。スペイン軍の損害は2,000から2,500人だった[4]。軍艦12隻、火船4隻、ガレー船6隻、大砲700門が失われ、(戦闘で「使える」戦列艦のみ計算に入れると)艦隊のほぼ半分が失われた[5]。フランス艦隊では火船を除くと、沈没船はなしで損害は200人だけだった[2]。フランス艦隊の損害は少なかったが、連合艦隊のうち火船から逃れて守備に入った軍艦の艦側砲射撃の激しさを証明した。

フランスの西地中海制覇編集

戦勝の報せがヴェルサイユ宮殿に届くと、ジャン=バティスト・コルベールは「これまでの海軍で最も素晴らしい戦闘だ」と驚嘆した[6]。これほどまでの喜びの背景にはオランダ艦隊に対する畏怖がある。例えば、1672年時点ではオランダに宣戦布告するのにイングランド艦隊との同盟が必要だった[7]。イングランドが1674年に戦争から脱落すると、オランダ艦隊はイギリス海峡の制海権を握り続け、ベル=イルを攻撃、ロシュフォールでフランス艦隊を辱めたりした[7]。ロイテルの艦隊が1675年に地中海にやってきて、編成して間もないフランス艦隊に挑戦するのも、フランス艦隊が1672年から1673年の北海での戦役で精彩を欠き、1674年にほとんど活動していないことを考えると特に問題のない行動だった。スペインの海軍力は八十年戦争フランス・スペイン戦争で揺らいでいたが、パレルモの海戦により完全に消滅した。

パレルモの海戦はアウグスタの海戦の勝利をさらに完璧なものにしたが、それは最後の勝利ではなかった。翌年にもエストレ伯爵英語版率いるフランス小艦隊がトバゴの海戦ヤコブ・ビンケス英語版率いるオランダ艦隊に挑み、1度目は敗れたが再戦で勝利した[7]。イングランドではフランスの海軍大国化を受け入れられない脅威としてとらえていたため、フランス艦隊の勝利に不安を感じた[8]。海戦での勝利と同時期にフランス陸軍がフランドル地方のヴァランシエンヌ包囲戦カンブレー包囲戦、サントメールの戦い、カッセルの戦いイーペル包囲戦と連勝したのでなおさらであった。これによりイングランドとオランダの和解が急速に進み、同盟条約を締結した(ただし仏蘭戦争への再参戦は1678年に講和条約であるナイメーヘンの和約が締結されたためなされなかった)[7]。いずれにせよ、パレルモの海戦での勝利により、フランスはその後数十年間地中海西部の覇権を握った。イギリス海軍が地中海の覇権を握るのはスペイン継承戦争ジブラルタル占領トゥーロン包囲戦ミノルカ島占領を待たなければならなかった。

脚注編集

  1. ^ a b c 艦隊の艦船数は不確かであり、ここで使用した数字はGuy Le Moingによるものだった(Le Moing 2011, p. 255)。この数字は「軍艦28から29隻、火船8隻とガレー船25隻」としたMichel Vergé-Franceschiの文献(Vergé-Franceschi 2002, p. 1099)と少し違う数字だった。連合艦隊の艦船数については2人とも同じ数を記述したが、これは付録に記載されている艦船の数と食い違っていた。付録の出典についてはイタリア語の記事の翻訳のようだったが、その出典の詳細は記されていなかった。オランダ艦17隻は正確に記述されたが、スペイン艦はそうではなかったため、その一部がガレー船と火船と間違われた可能性もある。しかしこの説を採用すると連合艦隊は計32隻になり、これも不正確な数字である。
  2. ^ a b c d e f Vergé-Franceschi 2002, p. 1099.
  3. ^ a b c d e Le Moing 2011, p. 255.
  4. ^ デュケーヌは2,500人としたが、ヴィレット=ムルセ英語版は4千人とした。Vergé-Franceschi 2002, p. 1099.
  5. ^ 艦船の損害の出典はLe Moing 2011, p. 255。それ以外の損害の出典はgallica.fr
  6. ^ Cité par Vergé-Franceschi 2002, p. 1099.
  7. ^ a b c d Jean Meyer, dans Vergé-Franceschi 2002, p. 746-749.
  8. ^ Villiers & Duteil 1997, p. 26 et 52.

参考文献編集

  • Dupont, Maurice; Taillemite, Étienne (1995). SPM. ed. Les guerres navales Françaises du Moyen Âge à la guerre du Golfe. Kronos. pp. 92-94. ISBN 2-901952-21-6 
  • Meyer, Jean; Acerra, Martine (1994). éditions Ouest-France. ed. Histoire de la marine française. Rennes. ISBN 2-7373-1129-2 
  • Vergé-Franceschi, Michel (2002). éditions Robert Laffont. ed. Dictionnaire d'Histoire maritime 
  • Bély, Lucien (2015). éditions Robert Laffont. ed. Dictionnaire louis XIV 
  • Le Moing, Guy (2011年5月). Marines Éditions. ed. Les 600 plus grandes batailles navales de l'Histoire. Rennes. ISBN 9782357430778 
  • Villiers, Patrick; Duteil, Jean-Pierre (1997). Hachette supérieur. ed. L'Europe, la mer et les colonies XVIIe-XVIIIe. Carré Histoire 
  • Lynn, John A. (2014). éditions Perrin. ed. Les Guerres de Louis XIV. Tempus 
  • La Roncière, Charles (1920). Plon. ed (フランス語). Histoire de la Marine française: La Guerre de Trente Ans, Colbert. 5. Paris. http://archive.org/details/histoiredelamari05larouoft