メインメニューを開く

パンサー 柳田(-やなぎだ、本名 柳田 義之 やなぎだ よしゆき、1976年5月29日 - )は、日本の元プロボクサー福岡県福岡市出身。元OPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオン福岡帝拳ボクシングジム所属。

パンサー柳田
基本情報
本名 柳田 義之
階級 フェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1976-05-29) 1976年5月29日(43歳)
出身地 福岡県福岡市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 21
KO勝ち 16
敗け 3
テンプレートを表示

来歴編集

  • 西軍代表フェザー級新人王決定戦、全日本フェザー級新人王決定戦、日本タイトル戦の2試合以外をすべて福岡県で行った。
  • 1994年10月16日、デビュー戦をフェザー級で梅岡良太に4R判定敗で黒星スタート。
  • 1997年2月15日石井広三らを下し西軍代表フェザー級新人王として7連勝で、後楽園ホールにて東日本新人王小澤将司との試合。1RKOで勝利し新人王となり技能賞を獲得する。
  • 1998年12月14日杉田竜平が網膜剥離のため返上し空位の日本スーパーフェザー級王座決定戦に後楽園ホールで出場。元々は杉田と有沢の試合の予定であったが、杉田の返上のため一月前に白羽の矢が立ったこの試合、コウジ有沢に10R判定で敗れ戴冠ならず12連勝でストップ、2敗目となる。
  • 1999年7月12日、コウジ有沢の防衛2戦目の相手に選ばれ後楽園ホールでの試合。7RKO負を喫し初の連敗およびKO負となる。
  • 2000年12月23日、2連勝でトニー・ウィービー(オーストラリア)の持つOPBF東洋太平洋フェザー級王座に福岡市のZepp Fukuokaで挑戦。12R判定で勝利しタイトル奪取に成功。
  • 2001年6月9日、メメス・サプトラ(インドネシア)との防衛戦をZepp Fukuokaで行い9RKOで下し防衛に成功。世界戦の挑戦予定のため8月15日にタイトルを返上。
  • 2003年3月16日、3連勝でWBC世界15位として日本スーパーフェザー級7位下田賀彦との試合をZepp Fukuokaで行う。BEST GLOVEで放映されたこの試合を10R判定で勝利するも、その後元から患っていた右拳の怪我が悪化し引退
  • 生涯戦績は24戦21勝(16KO)3敗

関連項目編集

前王者
トニー・ウィービー
第36代OPBF東洋太平洋フェザー級王者

2000年12月23日 - 2001年8月15日

次王者
越本隆志