メインメニューを開く

パンドラMAXシリーズVOL.4 Catch! 〜気持ちセンセーション〜

パンドラMAXシリーズVOL.4 Catch! 〜気持ちセンセーション〜 』は、2000年8月10日にパンドラボックスから プレイステーション(PS)用ソフトとして発売された恋愛アドベンチャーゲーム

パンドラMAXシリーズVOL.4 Catch! 〜気持ちセンセーション〜
ジャンル 恋愛アドベンチャーゲーム
対応機種 プレイステーション
ゲームアーカイブス
開発元 パンドラボックス
発売元 パンドラボックス
GA版…シャノン
人数 1人
発売日 2000年8月10日
GA版…2009年10月14日
テンプレートを表示

概要編集

パンドラボックスが世に出したゲームソフトの自社ブランド「パンドラMAXシリーズ」の第4作。キャッチコピーは同シリーズ共通の「1980円の超大作」。メモリーカード用シールが付属していた。

シナリオとオープニングテーマの作詞は同社の社員であった大池叙子が担当している(シリーズ第2作である『死者の呼ぶ館』に続いてのシナリオ執筆となった)。

キャラクターデザインは、漫画家瀬口たかひろが担当。

ストーリーそのものはほぼ一本道だが、ゲーム途中に参加できる「サブイベント」によって各キャラクターからの好感度を高めて行くことができ、その好感度によってエンディングは変化する。

パッケージには「豪華声優陣によるボイス入り」と表記されているが、パッケージや説明書には声優名が一切載っていないため、キャストはエンディングでしか確認できない。

なお本作より、本シリーズのソフトではサウンドのステレオ・モノラルの切り替えができなくなった。

ストーリー編集

主人公・里見英彦は幸せの絶頂にいた。ずっと憧れていた少女・本間あゆりと同じ高校「紫明院学園」に合格できたからだ。

しかしその幸福は長くは続かなかった。この学校は、「男子は女子に奉仕するもの」をモットーとする生徒会によって牛耳られていたのだ。更に英彦の家に、くノ一を名乗る謎の少女が現れる。

ふとしたことから生徒会に目を付けられた英彦は、学園中の男子達の「希望の星」に祭り上げられ、会長らとの全面対決を余儀なくされていく。

主な登場人物編集

里見英彦(さとみ ひでひこ)
主人公。名前は変更可能。母親を早くに亡くし、父親は単身赴任のため1人暮らしをしている。学力は高くなく、1日14時間の猛勉強の果て紫明院学園に受かった。
おやじ
- 三垣敦史
主人公の父親で単身赴任をしている。
香林聖悟(こばやし せいご)
声 - 山川敦也
紫明院学園生徒会長。
生稲豊(いくいなゆたか)
声 - 石山博貴
英彦のクラスメイト。お調子者な性格で通称「イクっち」。
滝沢零人(たきざわ れいと)
声 - 佐野耕太
英彦のクラスメイト。英彦のセコンド役として助力してくれる。
倉田(くらた)
声 - 橋本泰弘
滝沢の先輩。女性キャラの情報に精通しており、その情報を提供してくれる。
中辻(なかつじ)
声 - 曾田健二
学園長
声 - 山田雅一
紫明院学園の学園長。

攻略可能な女性キャラクター編集

全員、下の名前は平仮名である。

本間あゆり(ほんま-) / 香林あゆり(こばやし-)
声 - 小倉文江
メインヒロインにして、英彦の憧れの相手。
しずく
声 - 藤咲かおり
英彦の元に突然やってきたくの一。英彦を「ご主人様」と呼び甲斐甲斐しく接するが、世間知らずかつ天然ボケという性格故に騒動を起こすことも。
瀬戸えりか(せと-)
声 - 草柳順子
英彦の同級生で、クラス委員を務める眼鏡の女生徒。生徒会長である香林に恋しているらしい。委員長という地位を振りかざして男子たちを手下のように扱う。
岩清水ひなた(いわしみず-)
声 - 永瀬江美弥
学園の運動系クラブを統括する「運動部長」。常に体操着姿のオレ女
澤しおり(さわ-)
声 - 歌織
学園の文化系クラブを統括する「文化部長」。香林を絵本の王子様のように思っている。一見おっとりして見えるが、その実態は空想と現実の区別が付いていない電波女。
市松ちづる(いちまつ-)
声 - 桑島美由生
香林に付き従う生徒会副会長。長い黒髪の持ち主。感情をあまり表に出さない。
日比野まこと(ひびの-)
声 - 倖月美和
生徒会書記を務める小柄な少女。一人称は「マコ」。
雪白やよい(ゆきしろ-)
声 - 関和美
校医にして生徒会顧問。

システム編集

本作および本シリーズ特有の主なシステムは、以下の通り。

コンバート編集

本シリーズの全ソフト共通のシステム。

同シリーズのソフト『ドラゴンナイツグロリアス』『死者の呼ぶ館』『ラビッシュブレイズン』のセーブデータを読み込ませることで、隠しシナリオやイベントなどを出現させることができる。

関連項目編集