メインメニューを開く

くノ一

くの一から転送)

くノ一(くのいち)は、元来は女を指す隠語であるが[1][2]、1960年代以降の創作物においては忍者を指す言葉として広まっている。

山田風太郎の時代小説『忍法帖』シリーズをはじめとして[3]、くノ一は小説、テレビドラマ、映画、漫画など多数の創作物に登場するが、三重大学山田雄司吉丸雄哉らによる近年の研究によれば男性と同じように偵察や破壊活動を行った女性忍者の存在については史料に記録がない[1][2]

吉丸雄哉の調査によれば、創作物においてくノ一が女忍者の意味に用いられるようになったのは山田風太郎の忍法帖シリーズの影響が大きい[3]

目次

江戸期における「くノ一」の語編集

語源編集

 
く ノ 一

くノ一が女を指すのは、女という漢字を書き順で一画ずつに分解すると「く」「ノ」「一」となるためであると思われる[1]

江戸期における意味編集

江戸期には「くノ一」は「女」を指す隠語として使っており、女忍者の意味はまったくない[4]

用例編集

江戸期には「くノ一」の用例が少ない。これは当時「女」という字は「くノ一」に分解できる楷書体ではなく、くずし字の草書体で書かれる事が多かったからかもしれない[1]

古い用例編集

くノ一の古い用例として以下の

香炉峰くノ一籠る簾(すみ)のひま — 俳諧点者遠舟(1653~)の自薦句集『遠舟千句附』(延宝8年刊)

がある[1]。これは『徒然草』299段を踏まえたもので、「くノ一」は清少納言を指す[1]

くノ一の術編集

忍法書の『万川集海』巻八には「くノ一の術」が載っている[1]。これは男では潜入しにくい場合、代わりに女を潜入させるというものである[5][6]

また「くノ一の術」の次に載っている「隠蓑の術」は「くノ一」が木櫃を取り寄せるという口実を奥方に述べる事により、二重底の木櫃を使って人を潜入させる術である[5]

どちらも「女を使った術」という趣旨である[5]。これを女の忍びとみなすか[7]、女の忍びは存在しないとみなすか[5]は論者によって分かれる。

その他の俗説編集

作家の戸部新十郎は、実際の語源は陰陽道における房術を指す「九一ノ道」が本義であり、「九」の字がたまたま、平仮名の「く」の字と同じ発音のうえ、「一」と合すれば、ともに「女」となることから「くノ一」というふうになったとする「九一ノ道説」を主張している[8]

近代の創作物における用例と意味編集

初期の用例編集

初期の用例としては、下記のものがあるがいずれも「女忍者」という意味ではない。

初期の忍法帖シリーズ編集

創作物においてくノ一が女忍者の意味に用いられるようになったのは山田風太郎の忍法帖シリーズの影響が大きい[3]

しかし忍法帖シリーズの第一期作品(1964年の『野ざらし忍法帖』まで)には女忍者を「くノ一」とは呼んでいない[10]。題名に「くノ一」の語がある『くノ一忍法帖』(1960~1961年)においても女の忍者は「くノ一」ではなく「女忍者」と呼んでおり、「くノ一」の語は女の隠語として用いている[10]

「くノ一=女忍者」の普及編集

1964年の『忍法八犬伝』には

八人の女忍者、いわゆる服部くノ一衆もまじっていた。 — 山田風太郎『忍法八犬伝』

という記述があり、くノ一が女忍者の意味で使われている[11]。同年10月には『くノ一忍法帖』の映画版が公開されており[11]、題名から「くノ一」=「女忍者」と解釈した人もいた可能性がある[11]

『自来也忍法帖』(1965年)、『忍びの者』、『倒の忍法帖』、『くノ一死ににゆく』(1967年)といった山田風太郎作品では「くノ一」は「女忍者」の意味の一般普通名詞として用いられているので、このあたりで「くノ一」=「女忍者」が普及したものと思われる[11]

くノ一が登場する作品編集

小説
映画
渡辺美佐子が演じるくノ一・むささびの霧が登場する。後の創作物においてくノ一の一般的なビジュアルイメージとなる「ミニスカート風の着物に網タイツを着込んでいるくノ一」が映像作品に登場したのは、このむささびの霧が第1号であるとされる。
「くノ一」とタイトルに冠された最初の映像化作品。女忍者を主人公にした"集団女性時代劇"の先駆け。
麻生久美子が演じるくノ一・飛鳥と、ロシア新体操選手でシドニーオリンピックでの銅メダリスト(当時)であったアリーナ・カバエワの演じるロシアの女盗賊・オリガが登場する。
ドラマ
土田早苗が演じるくノ一、かがりが登場する。
敵方の悪の忍者として多くの個性的なくノ一が登場する。
九条亜希子が演じるくノ一、沙織が登場する。主人公の獅子丸と共に果心居士に育てられ大魔王ゴースンと戦う。
早乙女貢の同名小説の実写化。
第3部(1971年)〜第8部(1977年)、第12部(1981年)〜第14部(1983年)、第17部(1987年)〜第26部(1998年)に、中谷一郎が演じる初代風車の弥七の女房として、宮園純子が演じるくノ一・霞のお新が登場する。
第16部(1986年)〜第28部(2000年)に由美かおるが演じるくノ一・かげろうお銀が登場する。バレエのレオタードを元に由美かおる自身がデザインした軽快な忍装束姿で戦う凛々しい姿と、「入浴シーンになると視聴率が跳ね上がる」とまで言われ、番組の名物ともなった入浴シーン、悪事の証拠を掴む為に悪人を誘惑して翻弄するお色気シーン等が人気を博し、同シリーズを代表する人気キャラクターとなった。
第29部(2001年)〜第43部(2011年)に由美かおるが演じるくノ一・疾風のお娟が登場する。28部までかげろうお銀を演じた由美かおるが続投しての出演となったが、お銀が伊賀忍の出身であるのに対しお娟は風魔一門の山賊に育てられた女風魔の頭領であり、当初は男物の忍装束を身に付けたり普段から男言葉で話すなど、お銀とはまったくの別人として設定されていた。
TBSの「ナショナル劇場」の新作候補であった企画を「ナショナル劇場」のスタッフが単発作品として映像化したもの。制作が『水戸黄門』の制作の逸見稔オフィス・ヘンミ)であり、出演者も当時の『水戸黄門』に関連した役者が多いが、主人公のかげろう組の上司は江戸幕府三代将軍徳川家光の乳母である春日局であり、作品の世界観は『水戸黄門』と異なる。
由美かおるが演じるかげろうお銀を主役にした『水戸黄門』のスピンオフ作品。かげろうお銀が頭領として配下のくノ一を従え、光圀に代わり世直し旅に出る。『水戸黄門』の世界観の作品だが『女忍かげろう組』を雛型としており、『女忍かげろう組』からストーリー・設定・BGMを一部流用している。
アニメ
漫画
単なる情報収集役でありいわゆる女忍者ではないくノ一と、他のフィクション作品でも登場する全身黒ずくめの忍者装束を着た「女の忍者」のくノ一、双方が登場する。
コンピュータゲーム
アダルトゲーム

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 吉丸 2017, p. 168.
  2. ^ a b 山田 2016, 序章「忍者とは何か」.
  3. ^ a b c 吉丸 2017, p. 184.
  4. ^ 吉丸 2017, p. 169.
  5. ^ a b c d 吉丸 2017, p. 170.
  6. ^ 藤田 1942, p. 83.
  7. ^ 山田 2016, 第三章2節「くノ一の術」.
  8. ^ 戸部 2001, p. 20.
  9. ^ a b 吉丸 2017, p. 180.
  10. ^ a b 吉丸 2017, p. 185.
  11. ^ a b c d 吉丸 2017, p. 186.

文献編集

参考文献編集

その他の文献編集

  • 宗方翔『戦国 歩き巫女』信濃毎日新聞社開発局出版部 2002年 ISBN 978-4783810766
  • 藤林保義『萬川集海 原書復刻版』 誠秀堂(原著延宝4年(1676年))
  • 勝田何求斎養 忍術伝書 正忍記 (現代語訳・解説)藤一水子 正武 , 中島 篤巳(原著 延宝9年(1681年))

関連項目編集