メインメニューを開く

ヒュンダイ・タウエンジンは、現代自動車が開発・製造する水冷V型8気筒ガソリンエンジンのシリーズ名。

2008年、1代目ヒュンダイ・ジェネシス(BH)のエンジンとしてデビュー。エンジンブロックとシリンダーヘッドはアルミニウム製。

現代自動車のエンジンとしては初めてアメリカのWard's AutoWorld magazine社の10 best engineに選定された(2009年~2011年まで3年連続)[1]

目次

諸性能編集

G8BE編集

シリンダー配置 V型8気筒DOHC32バルブCVVT
排気量 5,038 cc
ボア 96 mm
ストローク 87 mm
圧縮比 11.5:1
燃料噴射装置 直噴
最高出力 320 kW(435 PS)/ 6,400 rpm
最高トルク 510 N·m(52.0 kgf·m)/ 5,000rpm

ボアよりもストローク(行程)が短いショートストロークエンジン。

ヒュンダイ・ジェネシスジェネシス・EQ900に搭載されている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Ward's Announces 2009 10 Best Engines Winners”. Ward's AutoWorld. WardsAuto.com (2008年12月5日). 2009年7月25日閲覧。

外部リンク編集