メインメニューを開く

EQ900は、韓国自動車メーカー、現代自動車ジェネシスブランドで展開する高級車韓国車基準でいう大型車)の旧名であり、現在は韓国も含め、「G90」で世界統一される。

目次

概要編集

2015年11月、現代はジェネシスブランドを正式に立ち上げることを発表すると同時に、現代初の高級車ブランドとして各国市場に進出することを表明した[1]。翌、12月に同ブランド名が冠された初の車種として発表された。

車名は前身車種であり、高級車像を切り拓き続けたエクウス(EQUUS)に敬意を表す意味で、頭2文字の「EQ」と車格(大型車)を意味する「9」を掛け合わせて命名された。

韓国以外ではG90の車名で販売され、韓国においても改良時等で変更する計画が立てられ、2018年11月のマイナーチェンジで実現された。

歴史編集

初代(HI型、2015年- )編集

ジェネシス・EQ900/EQ900L/G90
EQ900 フロント(2015-2018)
EQ900 リヤ(2015-2018)
G90(2018- )
販売期間 2015年
乗車定員 4/5人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン ラムダ(λ)V6 3.3Lターボ
ラムダ(λ)V6 3.8L
タウ(TAU、τ)V8 5.0L
駆動方式 FR(3.3L、3.8L)
AWD(3.3L、3.8L、5.0L)
変速機 8速AT
サスペンション 前:マルチリンク式
後:マルチリンク式
全長 5,205mm
(リムジンは5,495mm)
全幅 1,915mm
全高 1,495mm
ホイールベース 3,160mm(リムジンは3,450mm)
兄弟車 キア・K9(RJ型)
韓国における旧名 ヒュンダイ・EQ900
先代 ヒュンダイ・エクウス
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2015年12月9日、韓国にて発表。約1200人の研究員を動員し、設計から量産まで約4年をかけて開発[2]。同時に、高級車ブランドを名乗るべく、車内外の至る所に贅を尽くした。

グレードは「ラグジュアリー」「プレミアム ラグジュアリー」「プレステージ」の3つで展開されるが、2016年3月に追加されたリムジンは5.0L、4人乗り、AWDの「プレステージ」のみの設定である。

ボディサイズはVI型エクウス比で全長が45mm、全幅が15mm、ホイールベースは115mmそれぞれ拡大する。リムジンはさらに全長/ホイールベースが290mm延長(内訳はBピラー250㎜、リアドア40㎜)される。

エンジンはエクウスからキャリーオーバーされた315ps・40.5kgmのV6直噴の3.8Lラムダ(λ)、425ps・53.0kgmのV8・直噴の5.0Lのタウ(TAU、τ)の2種に加え、370ps・52.0kgmのV6・直噴の3.3Lツインターボラムダ(λ)が新たに加えられた。

トランスミッションはエンジン・駆動方式の種別に関わらず、全て8速ATとなる。

シャシはDH型ジェネシス(のちのマイナーチェンジでジェネシス・G80に改名)をベースに室内空間と走行性能に余裕を実現し、ジェネシス同様、FRに加えて「HTRAC(エイチ・トラック)」と呼ばれるAWDも設定された。

運転席に医学的根拠から開発した「スマート姿勢コントロールシステム」、後席にリクライニング可能な「ファーストクラスVIPシート」を備えた。

安全性は9エアバッグに加え、韓国車初の高速道路走行支援システム、衝突回避支援システム、運転支援システムなどを統括した「Genesis Smart Sense(ジェネシス・スマート・センス)」が搭載された。

2016年には「2016韓国カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞している。

2017年には大統領の警護車両として、それまで使用されていたエクウスに代わってEQ900を3台導入することとなり、2018年5月に初めて公開された。

2018年11月27日、マイナーチェンジで他国同様、「ジェネシス・G90」に名称変更され、エクウスの命脈は途切れた。


脚注編集

  1. ^ ヒュンダイ、高級ブランド「ジェネシス」の立ち上げを発表autoblog 2015年11月6日(2015年12月24日 閲覧)
  2. ^ 現代自動車 高級セダン「EQ900」を発売聯合ニュース 2015年12月9日(2015年12月24日 閲覧)

外部リンク編集