メインメニューを開く
フォード・コーティナ > ヒュンダイ・フォードコーティナ

ヒュンダイ・フォードコーティナ韓国語현대 포드 코티나)は、韓国現代自動車현대자동차)が1968年から1983年までに製造したノックダウン車である。

概要編集

 
現代自動車がノックダウン生産していたフォード・コーティナ
 
ニュー・コーティナ
 
ヒュンダイ・コーティナ マークV

1967年12月下旬、現代建設は韓国政府に製造許可を受け、現代自動車を創立。1968年2月にフォード・モーター英国法人)の契約を得て、同年の11月1日にフォード・コーティナの販売を開始。発売当初、韓国では、新進自動車(現GM大宇)がノックダウン生産していたコロナに比べ、室内空間が広く取られており、エンジンも排気量やパワー、トルクもコロナと比べると上を行くものとなっており、好評を持って迎えられた。

1969年9月に発生した大洪水が原因となり、工場が部品もろとも浸水。それにより、組みあがった車両は、発売当初から電装系統を中心とした部分の頻繁な故障が発生、1970年にはユーザーによる返品騒動が発生した。これを受けイギリスフォード社は調査団を派遣。その結果、走らせ続けてゆくうちに、こうした故障は少なくなってゆく、ということが判明した。

しかし、この騒動がきっかけとなり、韓国内では、「コーティナは押す車」という評判が立ち、販売にも深刻な影響が出た。現代自動車は、1971年にニューコーティナを発表する運びとなる。その後77年にニューコーティナの後継車種としてコーティナマークVが登場し、80年12月まで1万4千台余りが生産された。なおコーティナシリーズは新車種のステラが登場する1983年5月まで生産が続けられた。

外部リンク編集

関連項目編集