ビイェラシュニツァ山

ビイェラシュニツァ山(Bjelašnica,Бјелашница)は。ボスニア・ヘルツェゴビナ中央部にあるで、サラエヴォの南西部に位置しイグマン山と接している。標高は2,067mである。山の名になっているビイェラは白いことを意味する。

ビイェラシュニツァ山(Bjelašnica,Бјелашница)
Bjelašnica2.jpg
ビイェラシュニツァ山のスキー場
標高 2,067 m
所在地 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
サラエヴォ県トルノヴォ
位置 北緯43度42分56秒 東経18度17分05秒 / 北緯43.71556度 東経18.28472度 / 43.71556; 18.28472座標: 北緯43度42分56秒 東経18度17分05秒 / 北緯43.71556度 東経18.28472度 / 43.71556; 18.28472
山系 ディナル・アルプス山脈
ビイェラシュニツァ山の位置(ボスニア・ヘルツェゴビナ内)
ビイェラシュニツァ山
ビイェラシュニツァ山
ビイェラシュニツァ山の位置(ボスニア・ヘルツェゴビナ
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

サラエヴォ郊外に位置し、20分ほどで訪れることができるため、ハイキングスキーなど有名な観光地にもなっている。ビイェラシュニツァ山は大部分が森林であるが、標高1,500mの森林限界を超えるとはない。多くの登山コースが地元の山岳会によって整備されている。

サラエボオリンピック編集

1984年に開催されたサラエボオリンピック時には、男子アルペン競技が開催され、大胆に予想された通りダウンヒルアメリカビル・ジョンソンが優勝した。男子回転では同じくアメリカフィリップ・メーアと弟のスティーヴ・メーアの双子の兄弟がビイェラシュニツァで金メダル銀メダルを獲得している。拠点となる地域は当時からホテルやスキー場などが立地するエリアであった[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集