メインメニューを開く

地理編集

ビオットはカンヌニースの中間にあり、アンティーブに近接する。ビオットは、アンティーブ、ムージャン、ヴァルボンヌ、ヴァロリスとともにテクノポールであるソフィア・アンティポリスを形成する。

ビオットはかつての休火山の場所にあると見られるか、村が最大の火山の近くに位置していたと考えられる。南アルプスの領域が実際に古代のテクトニック断層であるという事実からである。さらに、大規模に人が定住する前の土地で火山岩が発見されている。

経済編集

粘土、砂、マンガンが豊富に採れ、石窯があり、ビオットの製陶はその良い条件を長く維持してきた。18世紀半ばまで、ビオットの陶器は高い評判を享受し、マルセイユやアンティーブの港を介して広く輸出されてきた。今日、いくつかの窯が陶器だけでなく、装飾された磁器、銀食器を作っている。1960年代以降、1956年にビオットにガラス工業がもたらされ、ビオットの評判が高まった。

歴史編集

アルプ=マリティーム県の他の自治体と同じように、ビオットの領土は先史時代の定住地の遺構をもたらした。最も多いのはローマ時代である。紀元前2世紀、ビオの地はリグリア人に属する集団デセアテス族(Décéates)が支配していた。多くの遺跡が、ギリシャ人が通過したことを証明している。紀元前154年にローマのコンスルクイントゥス・オピミウスのデセアテス族とオクシビアン族(Oxybiens)への介入に伴い、ビオットの土地はアンティポリス(現在のアンティーブ)の配下に下り、古代後期までそのままであった。

1209年、プロヴァンス伯アルフォンス2世は、ビオットの土地をテンプル騎士団へ寄進した。ビオットはプロヴァンスの他の地域と同様、14世紀後半に黒死病や傭兵団によって荒らされた。村は1387年に兵士たちによって破壊された。

1470年、ルネ・ダンジューは、オネイユ谷から50世帯を呼び寄せビオットの村をつくった。

人口統計編集

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2007年
2048 2656 2745 3680 5575 7411 8995

参照元:1962年までCassini de l'EHESS[2]、1968年以降INSEE[3] · [4]

姉妹都市編集

ゆかりの人物編集

脚注編集