メインメニューを開く
ビクトル・オードワン

ビクトル・オードワン(Jean Victoire Audouin、1797年4月27日1841年11月9日)は、フランス博物学者昆虫学者鳥類学者である。

生涯編集

パリで生まれた。両親は法律を学ぶことを望んだが、自然科学に見せられて、医学を学び、1826年に学位を得た。1824年にパリ自然史博物館の昆虫学の教授ピエール=アンドレ・ラトレーユの助手として雇われた。1833年にラトレーユの没後、自然史博物館の昆虫学の教授の地位を継いだ。1838年にはフランス科学アカデミーの農業経済部門の会員に選ばれた。

オードワンの業績としては1826年から1829年の間、アンリ・ミルン=エドワール(Henri Milne-Edwards)とフランスのノルマンディーブルターニュの海岸で海洋生物の研究を行い、1832年に『フランスの海岸の自然誌』("Histoire naturelle du littoral de la France.")を出版した。主著は『特定の害虫の自然史』("l'Histoire des insectes nuisibles à la vigne et particulièrement de la Pyrale")はオードワンの没後、ミルヌ=エドワールとアドルフ・ブロンニャールジャン=バティスト・デュマらによって完成された。オードワンはフランス昆虫学会の創立者の1人である。"Dictionnaire classique d'histoire naturelle"の著者の一人であり、ジュール=セザール・サヴィニーの"de la Description de l'Égypte"の鳥類の部分を監修した。

鳥類のアカハシカモメ(Ichthyaetus audouinii)に献名されている。フランスでは昆虫の貯精嚢はcopulatrice d'Audouinと呼ばれている。

著書編集

  • Histoire des insectes nuisibles à la vigne et particulièrement de la Pyrale qui dévaste les vignobles des départements de la Côte-d'Or, de Saône-et-Loire, du Rhône, de l'Hérault, des Pyrénées-Orientales, de la Haute-Garonne, de la Charente-Inférieure, de la Marne et de Seine-et-Oise, avec l'indication des moyens qu'on doit employer pour la combattre... Paris, Fortin, Masson, 1842

参考文献編集

  • Jean Gouillard (2004). Histoire des entomologistes français, 1750-1950. Édition entièrement revue et augmentée. Boubée (Paris) : 287 p.
  • Jean Théodoridès (1978). Un zoologiste de l’époque romantique. Jean-Victor Audouin (1797-1841). Éditions du Comité des Travaux historiques et scientifiques (Paris), collection Mémoire de la section des sciences : 128 p. (ISBN 2-7177-1443-X)