ビザンチウムのフィロン

ビザンチウムのフィロン紀元前260年 - 紀元前180年)は古代ギリシア数学者にして旅行家である。紀元前5世紀、ギリシアの歴史家ヘロドトスが、7つの驚異的な建造物を「世界の七不思議」と名付けたのが七不思議の最初といわれているが、紀元前225年ごろにそれを提案した[1]。一般的に言われている世界の七不思議の一つであるアレクサンドリアの大灯台の代わりにバビロンの城壁を入れていた[2]

クテシビオスの弟子で、発明家のビザンチウムのフィロンとは別人物である[3][4][5]

脚注編集

  1. ^ ラッセル・アッシュ著『図説・世界の七不思議』(東京書籍)
  2. ^ Philo (Byzantius) (1661). “MIRACVLVM V. MVRI BABYLONIS.” (ラテン語). De septem mundi miraculis. EX - M.S . VATICANO PVBLICI iuris fecit , & Latinitate donauit .. pp. 24-27. https://books.google.co.jp/books?id=2ZY-AAAAcAAJ 2020年11月2日閲覧。 
  3. ^ "Philo of Byzantium." Complete Dictionary of Scientific Biography. . Retrieved December 03, 2016 from Encyclopedia.com: http://www.encyclopedia.com/science/dictionaries-thesauruses-pictures-and-press-releases/philo-byzantium
  4. ^ フィロン(ビザンチンの)”. 古代アレクサンドリア探訪. Bibliotheca Alexandrina Construction. 2016年12月3日閲覧。
  5. ^ 蒲久男『絵とき「ばね」基礎のきそ』日刊工業新聞社、2008年、初版、10頁。ISBN 978-4-526-06112-7

関連項目編集