ビショ(Bhisho)は、南アフリカ共和国東ケープ州バッファローシティーにある地区。東ケープ州の州庁所在地である。キングウィリアムズタウンの北に位置する。2000年までは独立した都市であった。人口は約1.2万人(2011年国勢調査[1])で、住民はコサ人が殆どを占める。

ビショ
Bhisho
ビショ虐殺記念碑
ビショ虐殺記念碑
位置
ビショの位置(東ケープ州内)
ビショ
ビショ
ビショ (東ケープ州)
ビショの位置(南アフリカ共和国内)
ビショ
ビショ
ビショ (南アフリカ共和国)
ビショの位置(アフリカ内)
ビショ
ビショ
ビショ (アフリカ)
座標 : 南緯32度50分56秒 東経27度26分19秒 / 南緯32.84889度 東経27.43861度 / -32.84889; 27.43861
行政
南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国
  東ケープ州
 都市圏 バッファローシティー
 地区 ビショ
地理
面積  
  地区域 8.08 km2
標高 435 m
人口
人口 (2011年現在)
  地区域 11,192人
    人口密度   1,384.74人/km2
その他
等時帯 南アフリカ標準時 (UTC+2)
夏時間 なし

都市の名前は、コサ語で"水牛"(アフリカスイギュウ)の意味であり、町の中を流れるビショ川にちなんでいる。

歴史編集

南アフリカ共和国にかつて存在したバントゥースタンのひとつであるシスカイ共和国の首都であった。1992年、シスカイの南アフリカ復帰を要求するデモ行進へシスカイ防衛軍英語版が発砲し、デモ参加者28人と兵士1人が死亡する事件が起こる(ビショ虐殺英語版)。1994年4月27日にシスカイは消滅し、ケープ州に編入された。

1994年5月7日、南アフリカの州が再編されケープ州が消滅。ビショは新たに作成された東ケープ州の州都に指定された[2]。2000年、自治体再編により周辺都市と合併しバッファローシティ地方自治体(2011年に都市圏へ昇格)を形成する[3]

気候編集

ケッペンの気候区分ではステップ気候(BSk)に分類される。

ビショの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 26.4
(79.5)
26.6
(79.9)
25.5
(77.9)
23.9
(75)
22.1
(71.8)
20.4
(68.7)
20.0
(68)
20.9
(69.6)
21.7
(71.1)
22.3
(72.1)
23.5
(74.3)
25.3
(77.5)
23.22
(73.78)
日平均気温 °C°F 21.1
(70)
21.3
(70.3)
20.3
(68.5)
18.2
(64.8)
15.8
(60.4)
13.9
(57)
13.4
(56.1)
14.2
(57.6)
15.4
(59.7)
16.7
(62.1)
18.1
(64.6)
19.8
(67.6)
17.35
(63.23)
平均最低気温 °C°F 15.8
(60.4)
16.1
(61)
15.1
(59.2)
12.5
(54.5)
9.6
(49.3)
7.4
(45.3)
6.9
(44.4)
7.5
(45.5)
9.2
(48.6)
11.2
(52.2)
12.8
(55)
14.4
(57.9)
11.54
(52.78)
雨量 mm (inch) 65
(2.56)
71
(2.8)
72
(2.83)
43
(1.69)
22
(0.87)
19
(0.75)
17
(0.67)
28
(1.1)
47
(1.85)
80
(3.15)
76
(2.99)
70
(2.76)
610
(24.02)
出典:Climate-Data.org[4]

脚注編集

  1. ^ Bisho, Main Place 260032 from Census 2011”. Adrian Frith. 2021年3月8日閲覧。
  2. ^ Provinces of South Africa”. Statoids.com (2015年6月30日). 2021年3月8日閲覧。
  3. ^ Buffalo City Metropolitan Municipality (BUF)/Overview”. Municipalities of South Africa. 2021年3月8日閲覧。
  4. ^ Climate: Bhisho – Climate graph, Temperature graph, Climate table”. Climate-Data.org. 2013年8月23日閲覧。

外部リンク編集