メインメニューを開く

ビジュアルアーツ大感謝祭 「Shift:NEXT →Generation!」 -きみとかなでるあしたへのうた-

ビジュアルアーツ大感謝祭 「Shift:NEXT →Generation!」 -きみとかなでるあしたへのうた- (ビジュアルアーツだいかんしゃさい シフト ネクスト ジェネレーション)は、2012年7月29日に行われた、ゲームソフト会社「株式会社 ビジュアルアーツ」創立20周年を記念したイベント。

イベント情報編集

概要編集

ビジュアルアーツ1991年に設立し(当初は「株式会社ビジュアルアーティストオフィス」という名称)、「Key」や「SAGA PLANETS」といった複数のコンピューターゲームのブランドや「I've」などの音楽レーベルを擁するソフトウェア会社である。

そんなビジュアルアーツが創立20周年を迎えたことから日頃の感謝を伝えるべく、当イベントが開催された。ちなみに2011年が本当の20周年を迎えた年だが、会場を抑える都合上などで翌年に開催となった。

ライブイベントは前半が『I've Side』約2時間半、後半が『KSL Side』約2時間半で、合計5時間を越えるライブは全ての楽曲がビジュアルアーツのパートナーブランドに関連するものであった。

また会場ロビーは当日の朝から開放され年表や数々の展示品を見ることができたほか、ビジュアルアーツのゲームブランドに起用されることの多い声優を大阪のスタジオへゲストに招き、音声をつないでの公開トークイベントや、KSLのクラブイベント「OTSU」が会場内ホールで行われた。

参加アーティスト・セットリスト編集

I've編集

Key Sounds Label編集

I've × Key Sounds Label編集

  1. Last regrets (Liaを除く)
  2. Orpheus 〜君と奏でる明日へのうた〜

マスコットキャラクター編集

ビジュアルアーツ20周年記念として、Key所属のイラストレーター樋上いたる」がマスコットキャラクターを書下ろした。キャラクターの名前は一般公募し、最終的に『花音(カノン)』(CV:すずきけいこ)『詩音(シオン)』(CV:民安ともえ)となった。

記念ソング編集

イベント開催にあたり、ビジュアルアーツの代表取締役社長馬場隆博はみんなで大合唱をするのが夢と語っており、自ら作詞したイベントの記念テーマソング「Orpheus 〜君と奏でる明日へのうた〜」を制作。作曲は折戸伸治が担当した。

この楽曲を収録したCDが2012年6月29日Key Sounds Labelより1,050円で発売された。収録時にアーティストはKOTOKOLia多田葵川田まみLiSA詩月カオリRita島みやえい子茶太の9名が参加している。

Blu-ray編集

当イベントの模様を収録したBlu-rayディスクが2013年1月29日にソフトウェア流通版(品番:KSLA0004〜0006)、2013年1月30日に音楽流通版(品番:KSLM0004〜0006)が発売された。販売形態は2種類あるが、中身の違いは全くない。Blu-rayのみの販売でDVDの販売をおこなっていない。

封入特典として、当日行われたライブの楽曲部分をMP3で詰め込んだCDやブックレット、馬場と参加アーティスト(I've高瀬一矢中沢伴行川田まみ詩月カオリKSLLiamarinaLiSARita)たちによるオーディオコメンタリーが収録されている。また、参加アーティストたちをイラスト化したトレーディングカードゲーム会社「ブシロード」が展開している「ヴァイスシュヴァルツカード」も封入されている。

逸話編集

  • イベントに先立ち記者会見が行われ、馬場隆博、KOTOKO、Lia、LiSA、高瀬一矢が登壇した。またインターネットで生中継されたほか、事前に選ばれた一般の出席者も質問を行うことができた。
  • イベント当時、I'veのボーカリストであった「MELL」は体調不良でイベントには最初から参加する予定がなかった。
  • このイベントの企画・構成・総合プロデュースを行った馬場は高熱を出した。[いつ?]
  • 記者会見時Liaは妊娠中であったため、イベントには参加する予定であるがどのような形になるかは未定とされていた。実際にLiaのライブパートはライブの構成への影響を小さくするためアンコール後全員挨拶の前になっていた。

外部リンク編集