メインメニューを開く

ビタミンB12 欠乏症、または低コバラミン血症は、血中の ビタミンB12濃度が低いことをいう[1]

ビタミンB12欠乏症
Cyanocobalamin.svg
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
神経学
ICD-10 E53.8
ICD-9-CM 266.2
DiseasesDB 13905
MedlinePlus 000574
Patient UK ビタミンB12欠乏症
テンプレートを表示

解説編集

ビタミンB12血液レベルが,200pg/mL(145pmo/L)を下回る場合にビタミンB12欠乏症を示す。欠乏の主要原因は3つに分類される[2]

  1. 吸収障害(吸収力の低下)
    • 内因子の欠如 - 悪性貧血[3]、胃粘膜の破壊、胃の摘出手術、または内分泌障害による、
    • 内因子阻害 - 酸の分泌減少、小腸の疾患(例:炎症性腸疾患、慢性無熱性栄養吸収不全症候群(スプルー)、悪性腫瘍、胆嚢または慢性膵炎などの膵臓疾患)
    • ビタミンB12に対する競合(魚条虫の腸管への寄生、または盲管症候群)
    • HIV/エイズ[3]
  2. 摂取の減少(不適切な食事)
  3. 利用障害

成人の診断は、にビタミンB12 血液レベルの正常化下限(200〜350pg/mL [145〜260pmol/L])以下。またメチルマロン酸レベルが高い人(値>0.4micromol/L)も欠乏症と診断される。

菜食主義の妊婦には欠乏予防のためにサプリメント補給を推奨[6]。欠乏症と診断された場合サプリメントにより経口投与または注射で簡単に治療できる[7]。健康な人の過剰ビタミンB12 摂取による害はない[6]。場合によっては根本的な原因の改善で治ることがある[8]。根本的な原因の改善で治らないその他の場合は継続的なサプリメントの摂取を必要とする[9]。60歳下の発症は約6%、60歳以上の発症は約20%である。アフリカやアジアでは発症率が80%を上まわる地域もある[3]

症状編集

欠乏が進行すると貧血症状を起こすことがあるが、欠乏が軽度の場合は現れない。脾腫および肝腫大が生じる。希に舌炎。

消化管症状は食欲不振、便秘、および限局性に乏しい腹痛。

神経症状は、思考力の低下やうつ病、興奮、情緒不安定(イライラ)などの性格の変化がある。 痺れ、反射の変化、味覚症害、 心機能低下生殖率低下などがある[3]。子供にみられる症状は成長障害発達障害運動障害などがある[6]。早期に治療されなかった場合、生涯的な症状障害になりえる[10]

小児の場合、脳発達障害や成長障害[11]

治療編集

ビタミンB12製剤の皮下注射、経口投与。

出典編集

  1. ^ Herrmann, Wolfgang (2011). Vitamins in the prevention of human diseases. Berlin: Walter de Gruyter. p. 245. ISBN 9783110214482. https://books.google.it/books?id=b9ahvNjPFO8C&pg=PA245. 
  2. ^ ビタミンB12 メルクマニュアル
  3. ^ a b c d Hunt, A; Harrington, D; Robinson, S (4 September 2014). “Vitamin B12 deficiency.”. BMJ (Clinical research ed.) 349: g5226. doi:10.1136/bmj.g5226. PMID 25189324. 
  4. ^ 芥川香奈ほか、「胃全摘術後の母体から出生し完全母乳栄養によりビタミンB12欠乏性貧血を呈した1例」日本産婦人科・新生児血液学会誌 = The Japanese journal of obstetrical, gynecological & neonatal hematology 21(1), "S-55"-"S-56", 2011-06-01, NAID 10029378127
  5. ^ 馬場美子ほか、「臨床研究・症例報告 精神発達遅延を伴い,食物アレルギーに対する動物性食品回避によりビタミンB12欠乏性大球性貧血を来した12歳男児」 小児科臨床 65(1), 67-74, 2012-01, NAID 40019087688
  6. ^ a b c Dietary Supplement Fact Sheet: Vitamin B12 — Health Professional Fact Sheet”. National Institutes of Health: Office of Dietary Supplements (2016年2月11日). 2016年7月15日閲覧。
  7. ^ Vidal-Alaball, J; Butler, CC; Cannings-John, R; Goringe, A; Hood, K; McCaddon, A; McDowell, I; Papaioannou, A (20 July 2005). “Oral vitamin B12 versus intramuscular vitamin B12 for vitamin B12 deficiency.”. The Cochrane database of systematic reviews (3): CD004655. doi:10.1002/14651858.CD004655.pub2. PMID 16034940. 
  8. ^ Wardlaw, Graeme J. Hankey, Joanna M. (2008). Clinical neurology. London: Manson. p. 466. ISBN 9781840765182. https://books.google.it/books?id=Q8q7E6EJr7IC&pg=PA466. 
  9. ^ Schwartz, William (2012). The 5-minute pediatric consult (6th ed.). Philadelphia: Wolters Kluwer Health/Lippincott Williams & Wilkins. p. 535. ISBN 9781451116564. https://books.google.it/books?id=v7pbSFfMHCoC&pg=PA535. 
  10. ^ Lachner, C; Steinle, NI; Regenold, WT (2012). “The neuropsychiatry of vitamin B12 deficiency in elderly patients.”. The Journal of neuropsychiatry and clinical neurosciences 24 (1): 5–15. doi:10.1176/appi.neuropsych.11020052. PMID 22450609. 
  11. ^ 鎌田彩子、大日方薫、鈴木光幸ほか、「吸収障害の関与が考えられた乳児期発症のビタミンB12 欠乏性巨赤芽球性貧血の女児例」 順天堂医学 Vol.58 (2012) No.3 p.256-260, doi:10.14789/pjmj.58.256

参考文献編集

さらに読む編集

  • Pacholok, Sally M.; Stuart, Jeffrey J. (2011). Could It Be B12?: An Epidemic of Misdiagnoses. Fresno, CA: Linden Publishing. ISBN 978-1-61035-065-5. 
  • Hooper, M. (2012). Pernicious Anaemia: The Forgotten Disease - the causes and consequences of Vitamin B12 Deficiency. London: Hammersmith Press. ISBN 978-1-78161-004-6.