ビングリー男爵(: Baron Bingley)は、かつて存在したイギリスの男爵位。これまでにグレートブリテン貴族として2度、連合王国貴族として1度の計3回創設されているが、いずれも廃絶した。

初代ビングリー男爵(第1期)ロバート・ベンソン

歴史編集

第1期(1713年)編集

 
初代ビングリー男爵(第3期)ジョージ・フォックス=レイン
きわめて遠縁ながら、初代ビングリー男爵(第2期)の親族。

ロバート・ベンソン(c.1676-1731)財務大臣王室会計長官英語版を歴任した政治家であった[1][2]。彼が1713年7月21日グレートブリテン貴族爵位のヨーク州ビングリーのビングリー男爵(Baron Bingley, of Bingley in the County of York)に叙されているが、これが第1期目の創設にあたる[1]。彼には一人娘であるハリエット(1704?-1771)がいたのみであったため、爵位は一代にして廃絶した[1]。領地はハリエットが相続している[3]

第2期(1762年)編集

ハリエット・ベンソン(1704?-1771)の夫ジョージ・フォックス=レイン英語版(c.1697-1773)はトーリー党の政治家で、1762年5月19日ヨーク州ビングリーのビングリー男爵(Baron Bingley, of Bingley in the County of York)に叙された[4][5]。このグレートブリテン貴族爵位には特別継承権が付与されており、彼と妻ハリエットとの嫡出直系男子に限るとの規定であった[4]。彼は長男ロバート(1732-1768)に先立たれていたため、初代男爵の死をもって、爵位はまたしても一代で廃絶した[4]

第3期(1933年)編集

初代ビングリー男爵ジョージ・フォックス=レイン英語版の遠縁にあたる政治家ジョージ・フォックス=レイン英語版 (1870–1947)は、1933年7月24日連合王国貴族としてヨーク州ブラマムのビングリー男爵(Baron Bingley, of Bramham in the County of York)に叙せられたが、これが第3期目の創設である[註釈 1][6][7]。彼には4人の娘がいたが男子はなかったため、爵位は一代で終わった[6]

一覧編集

 
第2期及び第3期の男爵家の紋章

ビングリー男爵(1713年)編集

ビングリー男爵(1762年)編集

ビングリー男爵(1933年)編集

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 彼は初代ビングリー男爵(第2期)ジョージ・フォックス=レイン英語版の弟サックヴィルの来孫にあたっており、きわめて遠縁。

出典編集

  1. ^ a b c Bingley, Baron (GB, 1713 - 1731)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年2月9日閲覧。
  2. ^ "Benson, Robert (BN691R)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ "BENSON, Robert (1676-1731), of Red Hall, nr. Wakefield; Bramham Hall, Yorks.; and Queen Street, Westminster" (英語). History of Parliament Online. 2013年11月28日閲覧
  4. ^ a b c Bingley, Baron (GB, 1762 - 1773)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年2月9日閲覧。
  5. ^ FOX (afterwards FOX LANE), George (c.1696-1773), of Bramham Park, Yorks. | History of Parliament Online”. www.historyofparliamentonline.org. 2020年2月9日閲覧。
  6. ^ a b Bingley, Baron (UK, 1933 - 1947)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年2月9日閲覧。
  7. ^ No.33963”. The Gazette 25 July 1933. 2020年2月10日閲覧。