ビーグル・エアクラフト

ビーグル・エアクラフト (Beagle Aircraft Limited)は、1960年から1969年にかけて活動したイギリス航空機メーカーである。

ビーグル・エアクラフト
業種 航空機
設立 1960年
解散 1969年
本社 イングランド, サセックス
テンプレートを表示

概要編集

1960年にプレスト・スチール・カンパニーの航空機事業部門を担う子会社としてブリティッシュ・エグゼクティブ・アンド・ジェネラル・アビエーション・リミテッド (British Executive & General Aviation Limited, BEAGLEはこのアクロニムである。) が設立され、また翌年には同じイギリスの航空機メーカーであったオースター・エアクラフトF.G.マイルズがそれぞれ買収され子会社化されて、ビーグル・オースター (Beagle-Auster Limited)[1]ビーグル・マイルズ (Beagle-Miles Limited)となった[2]。これら3社は当初、それぞれの元の事業所を拠点に別々に活動していたが、1962年に会社として統一されビーグル・エアクラフト (Beagle Aircraft Limited)となった。

ビーグル・エアクラフトでは、ビーグル社の独自開発であるB.206 "バセット"英語版、オースターの開発したA.61 "テリア"英語版A.109 "エアデール"英語版、ビーグル・マイルズで開発されたM.218英語版といった機種の製造、販売を行った。ビーグル社の航空機の多くは(おそらく社名にちなんで)英国のの種類からとった愛称が付けられている。

1965年になると親会社のプレスト・スチール・カンパニーブリティッシュ・モーター・コーポレーションに買収され、ビーグル・エアクラフトは1966年から英国政府の管理下で活動を継続したが1969年には資金的に困難な状況となり、再建できずに解散となった。このとき、ビーグル社がスウェーデン軍から注文を受けて開発を進めていたB.125 ブルドッグの生産は同じイギリスの航空機メーカーであるスコティッシュ・アビエーションに引き継がれた。

機種編集

脚注・出典編集

  1. ^ Jackson 1974, p. 187.
  2. ^ Flying Magazine: 43. (December 1961). 

参考文献編集

  • Jackson, A.J. British Civil Aircraft since 1919 (Volume 1). London, Putnam, 1974. 0-370-10006-9
  • Wenham, Tom. False Dawn - The Beagle Aircraft Story. Air-Britain Publishing, 2015.

関連項目編集

外部リンク編集

  • Beagle – British Aircraft Directory