メインメニューを開く

ビーグル・ハーリア(英:Beagle-Harrier)とは、フランス原産のセントハウンドである。

ビーグル・ハーリア
Beagle harrier.JPG
ビーグル・ハーリア
原産地 フランス
特徴
体高 45–50cm (18–20in)
外被 Thick, not too short, and flat.
毛色 fawn, black and white
イヌ (Canis lupus familiaris)

1920年代にビーグルとハーリアの良点を組み合わせた犬種を作り出すために考案され、その2犬種を交配させたものをもとに改良を行って品種化したものである。これによりビーグルの鋭い嗅覚とハーリアのスピードと粘り強さを受け継いだ犬種になり、パックキツネウサギを狩るためのセントハウンドとして使われるようになった。国際畜犬連盟には1974年に公認されたが、フランス国外ではあまり飼育されていない。

外見は脚が長くサイズの大きいビーグルといった容姿である。長めの垂れ耳・垂れ尾でスムースコート、毛色もビーグルと同じ白・タン・黒の3色が入ったハウンドカラー。ハーリアのように体力があり、太りにくく食に対して貪欲ではない。体高38~50cm、体重13~22kgの中型犬で、性格は明るく温和である。もとからパックでの狩りに使われていたため、他の犬に対しても協調性があり、多頭飼いにも向いている。

参考文献編集

  • 『犬のカタログ 学研版 2004』中島眞理監修・写真、学習研究社〈Gakken mook〉、2004年5月。ISBN 4-05-603343-9
  • 『日本と世界の愛犬図鑑 2009』藤原尚太郎編・著、辰巳出版〈タツミムック〉、2008年10月。ISBN 978-4-7778-0563-1
  • デズモンド・モリス『デズモンド・モリスの犬種事典 1000種類を越える犬たちが勢揃いした究極の研究書』福山英也監修、大木卓文献監修、誠文堂新光社、2007年8月。ISBN 978-4-416-70729-6