ピエール・モリニエ

ピエール・モリニエ(Pierre Molinier、1900年4月13日 - 1976年3月3日)は、フランス画家写真家人形作家。初期の作風は風景画を中心としていたが、フェティシズムエロティシズムを表現した官能的な作風へと変化させていく。女性の肉体美に力点を置いた絵画や、彼自身が女装し、その様子を撮影した写真を用いて肉体の各部位を交換、自由に組み合せたフォトモンタージュなどの作品で知られている。シュルレアリスムの流れを酌む作品群はヨーロッパ北アメリカの芸術家に影響を与えた。

生涯編集

1900年4月13日にフランス南西部の街アジャン市に産まれる。モリニエの家系は海運と絵画を営む家系であり、父親は内装職人と航海士をしていた。幼い頃より好色であり、脚とストッキング、靴に執着を見せた。妹のジュリエンヌを愛したが、1918年の冬に彼女が当時流行していたスペイン風邪で死亡する。モリニエはこの時、妹の遺体と性的接触を持ち、射精に至った。地元の修道士学校で教育を受けた後、1922年からボルドーに定住した。1931年に看護婦のアンドレアと結婚し、一女一男を儲ける。青年期は気性が激しく、女遊びと銃を愛好した。

アンデパンダン展に出品を重ねるも、作風が敬遠され無名時代が続いた。1955年頃よりアンドレ・ブルトンと交流を始め、芸術家としての才能を認められる。ブルトンは1956年の1月から2月にパリでモリニエの絵画の展覧会を開催した。

晩年は健康問題を抱え、1976年3月3日に拳銃自殺を遂げた。

代表作編集

  • 『シャーマンとその創造物たち』"Le Chaman Et Ses Creatures"(1995)

参考文献編集

関連項目編集