ピエール・レヴィ

フランスの哲学者

ピエール・レヴィPierre Lévy, 1956年 - )は、チュニジア生まれのフランス哲学者ケベック大学トロワ=リヴィエール校パリ第8大学で教鞭を執った後、現在[いつ?]オタワ大学集団的知性を教授している。ミシェル・セール高弟であり、情報社会論を主たる活動領野とする。セールのみならず、ドゥルーズガタリの理論をも巧みに吸収したその理論はきわめて明快であり、かつ広い射程を持つ。

ピエール・レヴィ
Pierre Lévy
ピエール・レヴィ
ピエール・レヴィ
生誕 1956年????
チュニジア
研究分野 情報社会論集団的知性
主な概念 ドゥルーズガタリの理論
テンプレートを表示

著書編集

  • Lévy, Pierre『ヴァーチャルとは何か?―デジタル時代におけるリアリティ』米山優監訳、昭和堂、2006年3月(原著1998年)。ISBN 4812206073
  • Lévy, Pierre『ポストメディア人類学に向けて : 集合的知性』米山優・ほか訳、水声社〈批評の小径〉、2015年3月(原著1997年)。ISBN 9784801000902

外部リンク編集