ピョートル・ミハウォフスキ

ピョートル・ミハウォフスキ(Piotr Michałowski, 1800年7月2日 - 1855年6月9日)は、ポーランド・ロマン主義の画家。肖像画や戦争画、馬をモチーフにした作品で知られる。幅広い教育背景の持ち主であり、社会活動家、法曹、都市行政官、クラクフ農業協会会長(1853年より)としても活動した。[1]クラクフ国立博物館英語版分館であるスキェニチェ美術館英語版にはミハウォフスキの名にあやかった展示室があり、彼の作品を多く取り扱っている。

ピョートル・ミハウォフスキ
Michałowski Self-portrait.jpg
原語名Piotr Michałowski
生誕1800年7月2日
オーストリアの旗 オーストリア大公国クラクフ
死没1855年6月9日(1855-06-09)(54歳)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
Flag of the Grand Duchy of Cracow.svg クラクフ大公国クラクフ
墓地ラコヴィツキ墓地
北緯50度4分30秒 東経19度57分7.2秒 / 北緯50.07500度 東経19.952000度 / 50.07500; 19.952000
国籍ポーランドの旗 ポーランド
著名な実績絵画
流派ロマン主義
配偶者ユリア・オリンピア・ミハウォフスカポーランド語版
Glowa Konia 馬の頭の習作 ピョートル・ミハウォフスキ 1846年

生涯編集

 
ワルシャワのバンクスクエア(英: Bank Square; 波: Plac Bankowyプラーツ・バンコヴ)にあるミハウォフスキの記念版

クラクフ周辺のクシュシュトフォジュチェ英語版クラクフ共和国上院議員であった領主ヨゼフ・ミハウォフスキ(Józef Michałowski)の子として生まれる。ミハオ・スタホヴィチ英語版ヨゼフ・ブロドフスキ英語版フランチシェク・ランピ英語版などの画家によって、13歳でその芸術的才能を見出されていた。ヤギェウォ大学において古典哲学農業数学など幅広く学業を修めた[1]のちに、ゲッティンゲン大学では法学歴史学を学んだ。

ロシア帝国の圧政に対する武装反乱である11月蜂起(1830–31年)の間、ポーランド軍需工場の運営補佐を務めたのち、配偶者であるユリア・オストロフスカ(Julia Ostrowska)と義父と共にフランスパリへと亡命する。パリではニコラ=トゥサン・シャルレのもとで絵画の勉強を続け(1832–35年)、テオドール・ジェリコーレンブラントベラスケスらから多大な影響を受けた。馬を描いたミハウォフスキの水彩画はフランス国内で非常に有名になり、1833年にはイギリスドイツアメリカの画廊で取引されるようになった。[1]

1835年にクラクフに戻り、1837年には家督のクシュシュトフォジュチェ英語版に居を移した。1848–53年にはクラクフ市行政官を務めた。1840–50年代には、馬を題材にした絵画や著名なロマン主義的作品『ソモシエラの戦い英語版』(Battle of Somosierra; 1844–1855年、バリエーションあり)、『ナポレオンの観兵式』(Parade before Napoleon)やその他戦争画を含むドラマティックな風景画など数多の作品を残している。[1]1948年にパブロ・ピカソがポーランドを訪れた際、ミハウォフスキの作品を見てこう叫んだという。「見ろ、画家だ!」

ギャラリー編集

代表作編集

  • Amazonka (1850–), 55 × 45 cm, ビャウィストク・ポドラシェ美術館ポーランド語版
  • Apoteoza Napoleona (1846頃), 259 × 204,5 cm, ワルシャワ国立美術館
  • Autoportret (1849–), 54 × 45 cm, ワルシャワ国立美術館
  • Bitwa krakusów i studium konia (1830年頃), 60 × 86 cm, ポズナン国立博物館英語版
  • Błękitni huzarzy (1837年頃), 53 × 65 cm, ビトム上シレジア博物館ポーランド語版
  • Błękitny chłopiec (1850-55), 76 × 59,5 cm, カトヴィツェ・シレジア博物館英語版
  • Jazda austriacka (1836), 49 × 63,5 cm, クラクフ国立博物館英語版
  • Jeździec polski (Lisowczyk) (1841-45), 61 × 47,5 cm, ポズナン国立美術館
  • Kardynał lub Mężczyzna w birecie (1846-48), 70 × 57 cm, クラクフ国立博物館
  • Kobiety wiejskie (1840-48), 59 × 76,5 cm, クラクフ国立博物館
  • Konny pocztylion (1832-35), 46 × 53 cm, クラクフ国立博物館
  • Maksymilian Oborski na koniu (1824), 89 × 62 cm, クラクフ国立博物館
  • Maksymilian Oborski w fezie (1840-48), 68 × 55,5 cm, クラクフ国立博物館
  • Napoleon konno wydający rozkazy (1835-37), 71,5 × 57,5 cm, ヴロツワフ国立美術館英語版
  • Napoleon na koniu (1830-40), 53 × 44 cm, ウッチ美術館英語版 (ヘルプスト城)
  • Paweł Popiel na koniu (1831-32), 53 × 44 cm, キェルツェ国立美術館ポーランド語版
  • Portret chłopa w kapeluszu (1846-48), 52,7 × 35,5 cm, ワルシャワ国立美術館
  • Portret córki artysty Celiny na koniu (1853年頃), 123 × 84,5 cm, ワルシャワ国立美術館
  • Portret syna artysty z psem (1845-48), 94,3 × 68,5 cm, ワルシャワ国立美術館
  • Portret syna na kucu (1842年頃), 82 × 61 cm, ワルシャワ国立美術館ワルシャワ国立美術館
  • Przejazd artylerii przez rzekę (1844),年頃 69,3 × 90 cm, クラクフ国立博物館
  • Samosierra (1844-55), 106 × 71 cm, クラクフ国立博物館
  • Samosierra (po 1843), 50,5 × 44 cm, クラクフ国立博物館
  • Seńko (1846-48), 62 × 46,5 cm, クラクフ国立博物館
  • Starzec siedzący na stopniach (1837-40), 48 × 36 cm, クラクフ国立博物館
  • Studium chłopca żydowskiego (1840-48), 60 × 40 cm, クラクフ国立博物館
  • Studium głowy końskiej lub Łeb siwego konia (1846年頃), 94 × 72 cm, クラクフ国立博物館
  • Szarża w wąwozie Somosierra (1837年頃), 81 × 65,5 cm, クラクフ国立博物館
  • Wiarus I (1846), 82 × 65 cm, クラクフ国立博物館
  • Wiarus II (1846), 82 × 66 cm, クラクフ国立博物館
  • Wjazd do stajni (1844-46), 43 × 54 cm, グダニスク国立美術館英語版
  • Żydzi (1845-55), 72 × 118 cm, クラクフ国立博物館

記念物編集

2012年11月28日、ポーランド国立銀行は以下のミハウォフスキ記念コインを発表した。

関連項目編集

外部リンク編集

脚注・参考文献編集

  1. ^ a b c d Irena Kossowska (2004年4月). “Piotr Michałowski”. Culture.pl. 2012年10月15日閲覧。
  2. ^ Polscy Malarze XIX/XX Wieku: Piotr Michałowski (1800-1855)”. 2013年11月5日閲覧。
  • Maciej Masłowski: Piotr Michałowski, Warsaw 1957, ed. „Sztuka”;
  • Maciej Masłowski: Piotr Michałowski, Warsaw 1974, ed. „Arkady” (in series „W kręgu sztuki” - "In the Circle of Art", also German version: Berlin 1974, ed. Henschel Verlag und Gess.);
  • Jerzy Sienkiewicz: Piotr Michałowski, Warsaw 1959, ed. "Auriga - Wydawnictwa Artystyczne i Filmowe" (Art and Film Publisher).