メインメニューを開く

ピンクなきみにブルーなぼく』は、惣領冬実による日本の漫画作品。

目次

概要編集

作者のデビュー初期の作品。週刊誌での連載だった『おなじくらい愛』との同時連載だった。

なずなと一伍の恋愛を描いた本編『ピンクなきみにブルーなぼく』は、「ちゃお」(小学館1984年9月号から1989年頃まで連載されていた。

番外編が3編あり、本編の4年前を描き、なずなの従兄・元春が主人公の『糸井センセシリーズ』は同誌1月号・4月号・5月号に、なずなが主人公の『桃色どどんぱ娘』は、「ちゃおマイラブ」1985年盛夏号に掲載された。

『糸井センセシリーズ』はギャグ漫画で、作品中に担当編集者に突っ込みを入れられ言い訳をする作者のコマがあるなど、現在とかけ離れた作風が伺える。作者本人は、この作品を「本当に楽しく描いた」と語っている(本人HPより)。

またこの作品は、ほとんどの登場人物の名前に野菜などの名前が使われているのが特徴である。また、弥生・けい子・夏美の名前は作者の友人から拝借された。

登場人物編集

主要人物編集

野々原 なずな(ののはら なずな)
純真で天然ボケの女の子。街で迷子になったところを一伍に助けられ、好きになる。
稲刈 一伍(いねかり いちご)
農業高校の生徒。何よりも農業を愛する真面目な少年。手際もよく野菜作りにおいては1年生の中でもトップの成績。

聖カリスマ女学園編集

糸井 元春(いとい もとはる)
九州出身。数学教師。なずなの従兄で、担任。
『糸井センセシリーズ』では新任1年目にして担任を任され、3人の問題児に悩まされ、女生徒恐怖症でノイローゼになる。
木ノ元 ぐみ(きのもと ぐみ)
なずなの親友。農業高校の玄米と付き合うようになる。
くるみ
なずなの親友。
貝割 桔梗(かいわれ ききょう)/キャロット
アメリカ人の母と日本人の父を持つハーフ。一伍に一目惚れする。
法連寺 草子(ほうれんじ そうこ)
テニス部のエースで、通称・白鳥夫人。トウシューズを履いて、チュチュを着てテニスをする。
ヤクボ
聖カリスマ女学園の校長。冗談好きで、夏には蝉の真似をして木に登ったりする。冗談を分かってもらえないと拗ねる。
梅実 桃子(うめざね ももこ)
家庭科の美人教師。その美貌で元春に迫るが、元春がなずなを好きだと分かってからは人が変わってしまう。
森田(もりた)
教師の一人。
福留(ふくとめ)
教師の一人。内気で人見知りが激しい。

農業高校編集

玄米(げんまい)
サングラスをかけた生徒。愛車は耕運機。一伍をライバル視する。
麦踏(むぎふみ)
軽い男で、なずなをディスコにナンパする。
宝図 薫(たからず かおる)
農業高校の校長。巻き髪が自慢。フリルのブラウスを着ているが、下はもんぺをはいている。農業をこよなく愛する。

番外編編集

元春が初めて受け持ったクラスの生徒
大根 弥生(おおね やよい)
分厚い眼鏡をかけ、うなじは刈り上げている。男に免疫がなく、元春に肩を叩かれただけで失神してしまった。
白菜 けい子(しらさい けいこ)
根暗で明るい場所さえも苦手。
南瓜 レイ子(みなみうり れいこ)
資産家の娘。キラキラの目に縦ロール、登場時は花を背負う。
米茄子 夏美(べいなす なつみ)
元春と見合いをした女の子。元春は小さい頃、夏美にひどい目に遭わされた。容姿はおたべ人形に似ている。