メインメニューを開く

ピンク・トライアングル

ピンク・トライアングル

ピンク・トライアングル: pink triangle: rosa Winkel)は、ホロコーストで強制収容された者に装着が義務づけられていた三角形の識別胸章のうち、男性の同性愛者を表したもの(女性の同性愛者はブラック・トライアングルで表された)。ラベンダー・ピンク色をしていたことからこの名が付いた。女性を含む、これらの同性愛収容者の多く(研究により1万〜60万人といわれる)が、アウトバーン建設に代表される強制労働中や、収容所内で組織的に衰弱死・懲罰死させられ、また、虐殺された。

ピンク・トライアングルや、これに使用されたラベンダー・ピンク色は、現在では性的少数者LGBT)のプライドや権利を象徴するシンボルとして生まれ変わっている。ニューヨークエンパイア・ステート・ビルのライトアップは様々な記念日にちなんで年中色が変わるが、毎年6月の最終週にラベンダー色にライトアップされるのは、この週がストーンウォールの反乱を記念した同市の「LGBTプライド週間」だからである。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集