メインメニューを開く

ファラデー定数(ふぁらでーていすう、: Faraday constant)は、電子物質量あたり電荷(の絶対値)にあたる物理定数である。なお電子に限らず、陽子陽電子、1価イオンなど、電荷の絶対値が電気素量に等しい ( |Q| = e) 粒子なら何を使っても同様に定義できる。この定数は電気化学化学量論的計算に用いられる。

ファラデー定数
Faraday constant
記号 F
9.64853321233100184×104 C/mol
定義 電気素量アボガドロ定数の積
相対標準不確かさ 定義値
語源 マイケル・ファラデー
テンプレートを表示

イギリス科学者マイケル・ファラデーに因む。記号 F で表す。

目次

定義と数値編集

電気素量アボガドロ定数の積に等しい。2019年5月以降の国際単位系(SI)の定義では、電気素量アボガドロ定数も正確な値をもつ定義値なので、ファラデー定数は、正確に、9.64853321233100184×104 C/mol である。 CODATA(2018年)が掲げる数値は、上記の値を有効数字10桁とした、

 

である[1]

ときおり「電子 1 mol 当たりの電荷」と説明されることがある。単位のファラデー (Fd) を使えばファラデー定数は厳密に

F = 1 Fd/mol

となる。ただし単位のファラデーは現在では使われない。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集