メインメニューを開く

気体定数(きたいていすう、: gas constant[1])は、理想気体状態方程式における係数として導入される物理定数である[2]。理想気体だけでなく、実在気体液体における量を表すときにも用いられる。 理想気体の多寡を物質量で表す場合は、気体定数は気体の種類に依らない普遍定数であり、特に普遍気体定数やモル気体定数molar gas constant)と呼び分けられる。理学系、特に物理学において気体定数と呼ぶ場合は、基本的にモル気体定数を指している。

モル気体定数、気体定数
molar gas constant、gas constant
記号 R
8.31446261815324 J K−1 mol−1
相対標準不確かさ 定義値
テンプレートを表示

気体定数の測定法としては、低圧の領域で状態方程式から計算する方法もあるが、低圧で音速測定を行い、そこから求めるほうが正確に得られる[2]

モル気体定数は、ボルツマン定数 kアボガドロ定数 NA の積である。したがって、2019年5月20日に発効したSIの再定義によって、ボルツマン定数アボガドロ定数も定義定数となったので、モル気体定数も定義定数であり、正確に、

1.380649×10−23 J/K × 6.02214076×1023 mol−1 = 8.31446261815324 J·K−1·mol−1

である。

ただし、CODATA2018では、上記の値の10桁のみを表示し、

(正確に)

としている[3]

目次

記号編集

気体定数の記号は通常 R で表される。なお、R の由来は明確ではないが、「定数」を意味する ラテン語: Ratio が由来であるとする説もある[4]

導出編集

ボイルの法則によれば、一定の温度の下で、体積が圧力に逆比例するので

 

と表される。さらにシャルルの法則により、一定の圧力の下で体積に比例するように温度を定めることができるので

 

となる。ここで体積の示量性から質量 m に比例するので係数 K も質量 m に比例し

 

とすれば、この係数 R(X) は気体の種類Xによって決まる定数であり、これが気体定数である。

物質量 n = m/M(X) を導入すれば

 

となる。この R は係数 M(X) を適当に定めることによって、気体の種類に依らない普遍定数とすることができて、これがモル気体定数である。

乾燥空気編集

地球の大気窒素酸素アルゴン二酸化炭素水蒸気などで構成される。地表付近においては水蒸気を除いて組成がほぼ一定であり、この組成での混合気体は乾燥空気と呼ばれる。乾燥空気の平均モル質量は Md = 28.966 g/mol なので、乾燥空気の気体定数の値は Rd = 287 J/(kg K) である[5][6][7]気象学の分野で単に気体定数と呼ぶときには乾燥空気の気体定数を指すことが多い[7]。なお、水蒸気を含む湿潤空気では、水蒸気の濃度が場所や時間で大きく変化するため、水蒸気を別扱いにして表される[6]

性質編集

定圧モル比熱定積モル比熱では前者のほうが大きく、その差は気体定数 R に等しく、これはマイヤーの法則と呼ばれている。

脚注編集

[ヘルプ]
出典
  1. ^ 『学術用語集<物理学編>』[要ページ番号]
  2. ^ a b アトキンス『物理化学』 p.20
  3. ^ molar gas constant The NIST Reference on Constants, Units, and Uncertainty. US National Institute of Standards and Technology. 2019-05-20. 2018 CODATA recommended values
  4. ^ 気体定数Rの由来について
  5. ^ 気象学概説(学芸大)の講義ノート
  6. ^ a b 里村 物理気候学の講義ノート
  7. ^ a b 花見 地球大気科学の講義ノート

参考文献編集

  • 学術用語集<物理学編>』文部省日本物理学会編、培風館、1990年9月、増訂版。全国書誌番号:90057219ISBN 978-4563021955NCID BN05183934OCLC 23241821ASIN 4563021954
  • P. W. Atkins『物理化学』上巻、千原秀昭中村亘男訳、東京化学同人、2001年2月、第6版。全国書誌番号:20141197ISBN 978-4807905294NCID BA50699995OCLC 676196082ASIN 4807905295

関連項目編集

外部リンク編集