フアン・ビセンテ・エレーラ

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエレーラ第二姓(母方の)はカンポです。

フアン・ビセンテ・エレーラ・カンポスペイン語: Juan Vicente Herrera Campo)、1956年1月23日 - )は、スペインブルゴス県ブルゴス出身の弁護士政治家ナバーラ大学卒業。国民党 (PP) 所属[1]。2001年から2019年までカスティーリャ・イ・レオン州首相を務めた。

フアン・ビセンテ・エレーラ
Juan Vicente Herrera
Juan Vicente Herrera (foto oficial).jpg
生年月日 (1956-01-23) 1956年1月23日(64歳)
出生地 スペインの旗 スペインブルゴス県ブルゴス
出身校 ナバーラ大学
前職 弁護士
所属政党 国民党(PP)

在任期間 1995年5月26日 - 2019年5月26日

在任期間 2001年3月19日 - 2019年7月11日
テンプレートを表示

経歴編集

1956年1月23日、ブルゴス県ブルゴスの裕福な家庭に生まれた。4人兄弟の長男である。ナバーラ州ナバーラ大学法学を学んで1978年に卒業した。その後、ブルゴスとマドリード弁護士として働いた。

1995年に国民党 (PP) から出馬してカスティーリャ・イ・レオン州議会議員となり、1995年から2001年まで国民党カスティーリャ・イ・レオン州支部のスポークスパーソンを務めた。カスティーリャ・イ・レオン州首相だったフアン・ホセ・ルーカスが2001年に退任してホセ・マリア・アスナール内閣の首相府大臣英語版に就任すると、エレーラが後任のカスティーリャ・イ・レオン州首相に就任した[2]。2019年に州首相を退任した。

職歴編集

議会編集

政党編集

いずれも国民党(PP)

脚注編集

公職
先代:
フアン・ホセ・ルーカス
カスティーリャ・イ・レオン州首相
2001年 -
次代:
アルフォンソ・フェルナンデス・マニュエコ