メインメニューを開く

フィオラーノ・モデネーゼ

コムーネ

フィオラーノ・モデネーゼイタリア語: Fiorano Modenese)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州モデナ県にある、人口約1万7000人の基礎自治体コムーネ)。

フィオラーノ・モデネーゼ
Fiorano Modenese
フィオラーノ・モデネーゼの風景
スペッツァーノ城 (Castello di Spezzano)
行政
イタリアの旗 イタリア
エミリア=ロマーニャ州の旗 エミリア=ロマーニャ
Blank.png モデナ
CAP(郵便番号) 41042
市外局番 0536
ISTATコード 036013
識別コード D607
分離集落 #分離集落参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
気候分類 zona E, 2400 GG
公式サイト リンク
人口
人口 17,034 [1](2017-01-01)
人口密度 646 人/km2
文化
住民の呼称 fioranesi
守護聖人 洗礼者聖ジョヴァンニ
(San Giovanni Battista)
祝祭日 9月8日
地理
座標 北緯44度32分12秒 東経10度49分22秒 / 北緯44.53667度 東経10.82278度 / 44.53667; 10.82278座標: 北緯44度32分12秒 東経10度49分22秒 / 北緯44.53667度 東経10.82278度 / 44.53667; 10.82278
標高 115 (95 - 397) [2] m
面積 26.37 [3] km2
フィオラーノ・モデネーゼの位置(イタリア内)
フィオラーノ・モデネーゼ
フィオラーノ・モデネーゼの位置
モデナ県におけるコムーネの領域
モデナ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

フェラーリの本拠地であるマラネッロの西隣に位置する町である。スクーデリア・フェラーリの専用サーキットであるフィオラノ・サーキットは本町域内に所在する。

目次

地理編集

位置・広がり編集

モデナ県中部の町である。マラネッロから西北西へ3km、県都モデナから南南西へ15km、州都ボローニャから西へ41kmの距離にある[4]。町域の東端、マラネッロとの境界にフィオラノ・サーキットが存在する。

隣接コムーネ編集

隣接するコムーネは以下の通り。

行政編集

分離集落編集

フィオラーノ・モデネーゼには、以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Nirano, Spezzano, Ubersetto

文化・観光・施設編集

フィオラノ・サーキット
町域東端にフィオラノサーキット(ピスタ・ディ・フィオラノ)がある。このサーキットはフェラーリ社のテストコースとして1972年に完成した。フェラーリの本社工場はマラネッロの町域西端近くにあるため、両者はほぼ隣接した位置関係にある[5]
サルセ・ディ・ニラノ
町域の南部には泥火山サルセ・ディ・ニラノがある。サルセ・ディ・ニラノ州立自然保護区 (it:Riserva naturale regionale delle Salse di Niranoが設定されており、EUは「種にとって重要な場」(SCI) (Site of Community Importanceに指定している。
スペッツァーノ城
スペッツァーノ城 (it:Castello di Spezzanoは、町域東部のスペッツァーノにある、11世紀から16世紀にかけて建てられた城館である。16世紀には、サッスオーロのシニョーリであったピオ・ディ・サヴォイア家 (it:Pio di Savoiaが所有した。この家門最後の所有者となったマルコ3世・ピオ・ディ・サヴォイア (it:Marco III Pio di Savoiaは、枢機卿アレッサンドロ・ファルネーゼの娘で美女として知られたクレーリア・ファルネーゼ (it:Clelia Farneseの夫である。現代では市の所有となっており、美術館として使われている。
 
Santuario della Beata Vergine del Castello
ベアタ・ヴェルジーネ・デル・カステッロ聖堂
ベアタ・ヴェルジーネ・デル・カステッロ聖堂 (it:Santuario della Beata Vergine del Castelloは、聖母マリアに奉献された聖堂で、フィオラーノの集落にある。

交通編集

道路編集

主要な道路

鉄道編集

人物編集

出身者編集

  • パオロ・モネッリ (it:Paolo Monelli - ジャーナリスト・作家・軍人

脚注編集

外部リンク編集