メインメニューを開く

フォッジャ県

イタリアの県

地理編集

位置・広がり編集

プッリャ州の北西端に位置する県で、南にバジリカータ州、南西にカンパニア州、西にモリーゼ州と境界を接する。北東側はアドリア海に面し、ガルガーノ半島が突き出している。面積は約 6,900 km² で、イタリアではボルツァーノ自治県に次いで二番目に広い県である。

隣接する県は以下の通り。

主要な都市編集

2001年の国勢調査に基づく居住地区(Località abitata)別人口統計[2]によれば、人口3万人以上の都市は以下の通り。

地勢編集

 
プッリャ州の地方

平坦な地形であるプッリャ州の中では山がちな県である。県東部はアドリア海に対して突き出した地形となっておりガルガーノ (it:Garganoと呼ばれる。ガルガーノにあるカルヴォ山 (it:Monte Calvo (Gargano)(1,065 m)は、州の最高峰である。アドリア海上にはトレーミティ諸島がある。

県西部にはアペニン山脈から連なるスバッペンニーノ・ダウノ(ダウニア山地) (it:Subappennino Daunoがある。

県中部にはタヴォリエーレ・デッレ・プーリエ(プッリャ台地) (it:Tavoliere delle Puglieが広がっている。

行政区画編集

2008年に、県南東部の3つのコムーネ(マルゲリータ・ディ・サヴォイアサン・フェルディナンド・ディ・プーリアトリニターポリ)が県から分割され、隣接するバーリ県の7つのコムーネと共に、新たにバルレッタ=アンドリア=トラーニ県が編成された。

観光編集

県には世界遺産として、以下がある。

交通編集

空港編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集