フィリッピーノ・リッピ

イタリアの画家

フィリッピーノ・リッピFilippino Lippi,1457年 - 1504年4月)は、イタリア画家フィリッポ・リッピの息子。母は父の聖母子像のマリアのモデルにもなったルクレツィア・ブティ

フィリッピーノ・リッピ
Filippino Lippi
Filippino Lippi 007.jpg
自画像。 Detail from The Dispute with Simon Magus (1481–1482)
フレスコ, イタリアフィレンツェSanta Maria del Carmine,Brancacci Chapel
生誕Filippo Lippi
1457年
フィレンツェ共和国, プラート
死没1504年4月
フィレンツェ共和国, フィレンツェ
国籍イタリア
教育フィリッポ・リッピ
著名な実績絵画, フレスコ画
代表作Apparition of the Virgin to St Bernard
Adoration of the Magi
運動・動向ルネサンス
影響を与えた
芸術家
Raffaellino del Garbo

生涯編集

フィレンツェ共和国プラートで生まれた。有名な画家であったフィリッポ・リッピが、プラートのサンタ・マルゲリータ修道院の修道女であったルクレツィア・ブティを自宅に連れ帰り一緒に住むようになりフィリッピーノ・リッピが生まれたのはフィリッポ・リッピが51歳ほどの時であった。コジモ・デ・メディチのとりなしで正式の夫婦になることが許され、父親が再びプラートの大聖堂の壁画の仕事に戻り、フィリッピーノ・リッピは父親の仕事場で父親の弟子のサンドロ・ボッティチェッリ(1445-1510)らに学んだ。12歳になった1469年に父親が亡くなると、父親の弟子であったフラ・ディアマンテ(Fra Diamante: c.1430–c.1498)のもとで養育された。23歳になった1480年からフィレンツェのサンタ・マリア・デル・カルミネ聖堂のブランカッチ礼拝堂のマサッチオ(1401-1428)が未完で残した壁画の仕事に取組み1484年ころにに完成させた。父同様画家となり、メディチ家お抱えになった。特に、ボッティチェリと共にフィレンツェの黄金期を築いたロレンツォ・デ・メディチから注文を受けフィレンツェやローマのに教会の壁画を描いた。

1497 年に結婚し、3人の息子が生まれたが1504年に47歳で没した。

ギャラリー編集